時間が足りない人に実践してほしい5つのこと。




どうもふぁらとです。1日の時間は24時間。これは普遍的な事実。でも『24時間じゃ足りない!』と思ってる方も多いかと思います。限られた時間をどう利用するかはあなた次第。

時間が足りないと感じるのは素晴らしいこと。暇といつも思っていてはダメです。本来、暇な時間なんてないはずですから。

「暇」と感じた自分に鞭打つ方法は「締め切り」を作ること。

2017.08.09

一方で、『時間が足りない・・・』といくら思っても解決しません。時間をうまく活用できていない場合も多いのです。ザックリ言えば、要領が悪いってこと

時間が足りないと感じている方に一番理解して欲しいのは、自分には限度があるということ。

繰り返しになりますが、1日24時間しかないのです!『あれもやってこれもやって、、』というのは物理的に不可能。なので見極めることが重要になります

お待たせしました。時間が足りない人に実践して欲しい5つのことを書いていきます!

本当にやりたいことを考える

自分がやりたいことを全部実践するのは大変難しい。時間が限られているからです。結局、全部中途半端になるってことも多々あります。

ではどうしたらいいか。それは自分にとって本当に必要なことを今一度考えること

何かを達成したいなら何かを切り捨てる必要が出てきます。自分のエネルギーと時間を全部費やしてもいいと思えることをまず探す。まずはそこからです。

『やることがたくさんある、、』と思うだけでやる気はなくなるものです。結局、何一つ手付かずなんて場合も。

『時間が足りない』と考えるのではなく、自分がやるべきことは何かを考えよう。それを分からないまま過ごしても、あっという間に時間は過ぎていきます。

スポンサーリンク

1週間の予定を立ててみる

自分が本当にやりたいことを見つけたら予定を立てていきます。計画があるのとないのとでは大きく変わってくる。道が決まってないとすぐに1日終わってしまいます。

予定を立てるポイントとして、1週間単位で予定を立てること。今週の目標を考えた上で、1日をどう使うかと考えるってことです。

1日単位で予定立てるのも素晴らしいことですが、詰め込みすぎてしまう可能性が高いです。初日から遅れたらどうしようもなくなりますよね。やる気もなくなる。それを避けるためにも1週間で考えるのがオススメ。

一度予定を立てて実践しようとすると、『全部実践することはとても難しいな』と感じると思います。僕がそうでした。

ふぁらと
英語も読書もブログもバイトもしたい!

この熱い思いをもって1週間単位で予定を組んでも、最初はやり切れません。自分の理想と現実にはギャップがありました。ただの熱い思いだけで、実践できなければ結局は無駄なこと。このことを痛感したときです。

しかし!次に予定を立てるときは、自分の能力も考慮しつつ組むことができます。これが無理なく続けられるコツ。うまく予定を立てられかも、成功するかどうかの分かれ目。

『時間が足りない』と思う原因が、本当に時間が足りない場合があるということです。そもそも不可能なことにショックを受ける必要はありません。

時間は限られていることを考えつつ、予定を組んでみましょう。

睡眠時間を確保する

自分に合った範囲でマルチタスクをするとき、ついついやってしまうのが睡眠時間を削ること。眠らなければそりゃ時間は増えます。でも絶対に睡眠時間は削らないでください

睡眠は必須です。脳は他の器官と比べものにならないほど異質な器官。寝ることで脳は回復します。ご飯食べたからといって脳は完全には回復しない。

睡眠時間を削ると、集中力が下がり生産性が低下します。結局、損するってことです。眠い目をこするながらやり続けても時間ばっかりかかる。

そりゃ、一夜漬けの仕事には効果はあります。でも慢性的な寝不足は必ず避けるべき。睡眠不足が睡眠不足を招き、アルツハイマー病にかかるリスクを高めるという研究結果も出てるほど。

自分の健康を維持するのが本当に重要なことです。私たちは生物です。無機物じゃない。休憩することも含め、人間ってことを頭に入れておいてください。なので、予定を組むときには睡眠時間を考慮するのが大切です

スポンサーリンク

自分自身に投資する

目の前の仕事をひたすらこなすのも必要ですが、自分自身に投資するのも大事です。

投資と言いましたが、要するに自分を成長させるということ。長い目で見れば、自分の生産性が上がればプラスです。自分を可愛がってあげてください。

なので自分のための時間を1日に必ず作りたいところ。1〜2時間確保できるとベストかな。まとまった時間を確保する必要はないです。次に書くようにスキマ時間を活用するのが大切になってきます。

時間という資産を自分に使ってあげる。結局、時間がここでも必要なんですねえ。

自分の成長のために

・読書の時間を絶対に確保する

・筋トレやランニングする時間を確保する

・英語を勉強する時間を確保する

などなど。人によってやりたいことはたくさんあると思います。自分のための時間を1日1〜2時間確保する。これも予定を組むときに考えたいことです。

スキマ時間をうまく使う

仕事と仕事の間にはスキマ時間があるもの。まとまった時間がないと仕事できないというのはダメ。ちょっとした時間を利用すべき。

時間が空いたとき、ネットサーフィンしたりYouTubeを見るのを我慢するだけで案外時間は生まれるものです。『塵も積もれば山となる』とはうまく言ったものですね。

1週間という少し大きな視点で予定を組みつつ、今日という日は10分間隔で自分のやるべき仕事を考える

次の10分間を無駄にしないという思いが大切。まとめられればいいのですが、どうしても無理です。通勤・通学時間を利用することは必須。

何気なくスマホを触る時間をなくせば、時間って増えるものです。スキマ時間の有効活用。これがめちゃめちゃ重要。

スポンサーリンク

まとめ

時間は有限です。その中で自分ができることを常に考えて予定を立てていくこと。これができると生産性の向上につながる。何気なくやるのと大きく差が出てきます。

時間を増やすことはできないので、『時間が足りない!』と嘆くのではなく、目の前の10分を大事にしていこう

その上で自分の能力にあった予定が大切になります。精神的な余裕を持つことは大きな力になります!それでは!