ブックカバーを早く買っておけばよかった。便利すぎ!




読書をするのが趣味になってきた今日この頃。

ただ、読書をするときの悩み事がありました。それは『カバーが無い問題

本屋で購入すればカバーをかけてくれますが、ネットで購入することも多い僕。ネットで購入するとカバーがかけられていないですよね〜当たり前のことですが。

 

自分が購入した本を自宅で読む分には、カバーがなくとも全く構わないのですが、

  1. 電車内で読むとき(通勤・通学中など)
  2. 図書館や友人から借りた本を読むとき

などのシチュエーションのときにはカバーがあると嬉しいものです。むしろブックカバーが必要でしょう!

 

僕も車内でむき出しで読むのは少し抵抗が。笑

なので、本を持ち歩く時には本屋で手に入れたカバーを使いまわしていました。

ただこれだと、・カバーの折り目が合わない・紙素材なのでボロボロになるという問題点がありまして。。。

 

これらの問題を解決してくれたのが、商品としてのブックカバーでした。僕が購入したのがこちらのキュービックスのブックカバー。

Amazonでブックカバーを探し、500円ちょいだったので購入を決定。

紙素材でない初ブックカバーでしたが、想像以上に素晴らしかったのです!

以下に使ってみた感想を書きます。

機能性に優れている!

このブックカバーの優れているポイントはジッパーがある点

ペンケースのような感覚でバックに入れることができます!

例として、僕が大好きな重松清さんの小説の中から『一人っ子同盟』を使わせていただきます。本書のページ数は477ページです!

文庫サイズのカバーなので、縦はぴったりのサイズ感!

閉じたものがこちら!

ふぁらと
めっちゃ簡単に閉められる!!

閉じてみてわかったんですが、本当に余裕があります!600ページまで対応できると書いていましたが、もっといけるんじゃないかと思えるほど。かといってゆるい感じはしません!

カバンに入れても全然折れないです!ジッパーもすんなり閉まるのでストレスなし。

駅で降りる直前まで読んでも簡単に閉じられます。しおり紐がついているのもポイント高いです。

紙のブックカバーには戻れなくなります。。。笑

スポンサーリンク

気になるところは?

『使いやすい』のひとことですが、最初はこのカバーの大きさに慣れませんでした。ただ、使っていくうちにすぐ慣れたので大丈夫かと思います!

たまに持ち方が悪い時にカバー内で本が横滑りすることがありますが、全然許容できる範囲。

ただ、新書はサイズ的に入らないので注意してください!文庫用のサイズです。

これから、新書用のカバーも別に買います!

~追記~

新書用のカバーを購入しました。今回購入したのはこちら。

シンプルで気に入っています!文庫本用のカバーとの違いはファスナーがついているかいないかですね。

ただ、お値段も安く、カバーとしての役割は十分。

おすすめです!

ブックカバーはいかが?

ユウ
カバーなしで本を読んでいる。

との方に自信をもってオススメできる商品です。

値段もお手頃なので、新たな持ち運ぶアイテムとしていかがでしょうか?

それでは!








コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください