本屋に行くことを習慣にしよう。買いたい本が無くても全然OK!




どうもふぁらとです。

本屋は楽しい場所であり、日常的に行くことをおすすめします。

Aくん
とにかく本を読め!
ペンちゃん
この本とあの本がおすすめ!

などなど、本に関する情報は探せばいくらでも出てきますよね。

僕も本を読むことに関しては賛成、てか、絶対に読むべき。

僕は、大学生になってからたくさん読み始めましたが、読む時期は早ければ早いほどいいと思っています。

大学生にもなって読書してないの?読書を絶対にしたほうがいい5つの理由

2017.09.06

しかし!おすすめの本の情報の方は、参考程度でいいでしょう。

紹介文読んで読みたくなったら買えばいい。その逆も然り。

なぜなら、読みたい本は自分の環境によって変わるから

プログラミングしたいと思えば、プログラミング入門書のようなものを買うだろうし、何か自信をつけたいと思うなら、自己啓発本を読んだり、などなど。

なので、自分が読みたい本を読む、これが一番。読んでから、本の評価を自分で決めればいいんです。

自分に合わない本にも出会うでしょう。逆に、人生を変えてくれる本にも出会うことでしょう。

これも、本を楽しめる一つの要因だと思っています。

では、自分が読みたい本を見つけるには、どうすればいいでしょうか?

答えは簡単。本屋に行こう

本屋にふらっと立ち寄ること。

ふらっと本屋に行く。これだけっす。

読みたい本が決まってなくても、全然OK。決まっているなら、その本を購入すればいいだけです。

読みたい本が無くても、本屋に行けば見つかるものです。

本屋で探すというのも面白いもの。読みたい本がないからって、本屋に入るのを遠慮することはありませんよ!

僕のおすすめな本の探し方は、次の通り。

本屋で読みたい本を見つける方法

1.新書コーナーを中心に攻める。

2.タイトルに惹かれたものを手に取る。

3.裏表紙の紹介文を読み、気に入ったら購入!

4.気に入らなかったら、2に戻る。

もう、タイトルだけで決めていいです笑。読まずに、スマホをダラダラ触るよりは有意義。

本のタイトル見ると、煽ってくるやつとか多いんですね。

『絶対!』とか、『誰でもわかる!』など、気を惹くものも多いです。

これに、気を惹かれたらすぐに手にとりましょう笑。

裏表紙にどんなことが買いてある本か、大体のあらすじが書いてあるので、気に入れば購入。

気に入らなかったら、またタイトルで気になるやつを探しましょう。これで、何かしら見つかるものです。

 

新書コーナーをオススメするのは、かなり多くのトピックを網羅しているから。

歴史から、IT関連の書籍まで、勢揃いっす。

何かしら、読みたい本が見つかる可能性が高いのが新書コーナーかと。そう思い、おすすめしています。

小説も同じ要領でいいと思います。僕の場合、小説は好きな作者の作品を中心に買うようにしています。

読む本を探しに、本屋に入ることがおすすめ!

週に一回は、寄れるといいと思います!

 

スポンサーリンク

本を買う勇気がでない人へ

Bくん
本を読んだことないから、どうせ買っても読まないし、買う勇気が。。。

わかります。本を読む習慣がない時って、本を読み切れる気がしませんよね。

最初の方は、買う勇気が僕も必要だったなー。

でも、とりあえず買うってのを大事にしてもらいたい

正直、買ってから読む気が無くなる本もあります。専門書とか特に。。。

他に、50ページくらい読んで、つまらなくなる本も中にはあるでしょう。こればっかりは、人の好みによりけりです。

なので、最初は300ページ弱程度の分量をおすすめしたい。

とっつきやすく、読み切りやすい。一日あれば、十分読める分量です(内容にもよりますが)。

 

最後まで読みきらなくてもいいんだ!

また、この気持ちを持ってください。本を読むからには100%読みきって理解しなければいけない、と思いがちですがそんなことありません。

最初は、楽しめばいいんです!ただ、楽しめばOK

アウトプットが大切とか、よく聞きますが、最初から気にしなくていいです。

最初なんて、楽しめば十分。本が好きになって、たくさん読むようになってから、アウトプットしていけばOK。楽しむことが一番!

でも、本を読むからには勉強したいという方には、付箋と鉛筆を持ちながら読むことをおすすめします。

気に入った箇所や、覚えておきたいところに、付箋をはさみ、鉛筆で線を引いてチェック!

この作業によって、後で読み直ししやすくなります。気に入った方は是非。

 

最後に、金銭的に余裕がない方もいるでしょう。

本屋で買うにはお金がかかりますからね。僕は、作者に感謝を込めたいので、できるだけ本屋で買う方にしています。

お金をあまりかけたくない時は、ブックオフもアリです

ブックオフは古本屋ですが、普通に品揃えがいいです。過去の作品も充実しているのが、おすすめできるポイント。

あと、何しろ安い!108円から購入できます。定価の3分の1とか、ザラにあります。

なので、本を買ったことない方は特に、ブックオフをどんどん活用していきましょう!

1000円あれば、十分に楽しめますよ。

また、図書館利用するのも、もちろんありです。無料で貸してくれますからね。

でも、本は手元に置いておきたタイプの僕。なので、専門書以外は図書館で借りたことありません。これも人それぞれです!

 

まとめ

読みたい本が無くても本屋に行こう!本屋に行ってから探せばOK。

その日行った本屋で、人生の教科書と言える本に出会えるかもしれないのです。ワクワクしませんか?

気楽な気持ちで、本を読めばいいんです。誰かに読まされるものでもありませんから。

まずは、本を楽しむ。これだけで、読書が習慣になっていきます

ブックオフなどの古本屋や、図書館もガンガン利用していきましょう。

みなさんの生活に、読書というスパイスが加わることを願っています。それでは!