一人暮らしがスーパーで買い物する時に実践している節約術4選。




どうもふぁらとです。

みなさんが毎日必ず出費しているもの、それは食費です。

みなさんも毎日食事をしますよね?

生きる上で栄養補給は必須なので、食費はどうしてもかかるものです。

 

と言うことは!毎日かかる食費を抑えられれば大きな節約に繋がります

ただ注意してもらいたいのが、食費を削って健康を害すようでは意味がないとうこと。

健康は一番大事。『健康を害さない食事をすることを前提に、いらない部分はカットしていこう』というのが基本的なスタンスです。

 

では、具体的に食費を抑える方法を書いていきます。

 

まず、食材を購入する場所はコンビニよりスーパー

コンビニで食材や弁当を買うとどうしても割高になるため、僕はスーパー一択

現在一人暮らしをしているので、一人暮らしの人がスーパーの買い物時にできる節約術を4つ紹介していきます!

1回の支払いを1500円以下に抑える

スーパーでの代表的な節約術に、まとめ買いがあります。

しかし、一人暮らしの場合は大量購入しても消費しきれないためオススメできません!

ふぁらと
ジャガイモ欲しいな〜

こう思った時に、10個以上が詰まっているジャガイモの袋を見ても僕は買いません

1個あたりの値段はバラ売りより安いですよそりゃ。ただね、食べきれません

いや、時間をかければ食べきれるでしょうが、連続して同じものは食べたくないので。。。

ふぁらと
今日はポテトサラダだ!
ふぁらと
今日もポテトサラダだ!!
ふぁらと
今日もポテトサラダだ。。。

以下繰り返し。。。

はい、飽きること間違いなし。

 

まとめ買いがお得であっても、買うなら食べきれる自信がある時に限ります

 

なので、一人暮らしの場合にオススメなのは一度のお買い物の上限額を設けること

僕が自分で設定しているのは1500円

超えてしまう時もありますが、なんとか1500円に収まるように無駄がないように購入するものを選びます。

子供の時って貰えたお小遣いでなんとかやりくりしていたじゃないですか。完全にそのノリです。

購入の一例として

・納豆 2パック               (200円)

・卵 6個入り1パック   (150円)

・牛乳 1L         (180円)

・うどん 3食分              (150円)

・お肉           (300円)

・鍋にあう野菜                 (200円~)

・鍋の素                          (300円)

これで1500円前後に収まります。献立は鍋です。鍋はコスパいいですよ〜

一人暮らしの男性へ。冬の晩御飯は鍋で決まり!安いだけじゃない。

2017.10.17

ただ、お米を買うときは例外にしましょう!

5kg買ったら結構持ちますが、お米をまとめて買うと結構な値段になるため、購入する日は特別。

 

このように、限られた予算の中で考えると案外形になります。

自分の胃と気持ちと相談しながらお買い物をしましょう!

スポンサーリンク

空腹時に買い物はしない

節約術2つ目。空腹時に買い物しない

お腹が空いていると、バンバン買い物かごに商品を入れてしまいがち。

正しい判断をしにくくなってしまいます。

目に見えるものが全部美味しそうに見えるので、そりゃついつい買いすぎてしまうものです。

ふぁらと
獲物だ獲物だ!!うっひょい!

 

なので、夕飯前に買い物に行くのではなく、昼食後・夕食後などの食後に買い物に行くのをオススメします

ただ、毎回食後に行けるとは限らないでしょう。

時間の都合上、お腹が空いているときに買い物をするときも必ずありますよね。

 

そんなときはかごに商品を入れる前に、その商品は必要なものか欲しいものかを考えてください。

ふぁらと
これは欲しいもの?それとも、、欲しいだけ??

『必要』と答えが出たなら是非買いましょう!

あなたにとって必要だと思うものは買った方が絶対に良いです。

 

しかし、ただその時に欲しくなっただけで、買い物行く前に買う予定が全くなかった商品もあると思います。

その商品はあなたにとって今は必要でない可能性大。そっと商品棚に戻す勇気も大事!

 

カートで買い物しない!

カートを使って買い物をすると、無限に商品を買える気がしてきます。

擬似的に力持ちになりますからね。単純に。

ただ、これも買いすぎてしまう可能性が高くなります。

 

自分の手で買い物かごを持って入れば、入れた商品と比例して自分のエネルギーを使わなくてはいけません。

自分で持っているのが、キツくないならない程度に買い物をできればよし。

これは一人暮らしならではの戦法

 

ただ、これもお米や水をよく買う人には是非破ってもらいたい節約術です。

『5kgの重りを持ちながら縦横無尽に駆け巡れ!』というのは酷すぎます。

 

スポンサーリンク

閉店前1時間は狙いどき

これはスーパー側の事情ですが、閉店1時間前はお肉などが値下がりします。

翌日に料理で使う予定があるのならば、購入した後に冷凍しておけば全く問題なし。

翌日と言わなくとも結構持ちます。冷凍は正義。

 

仕事などで夜遅くスーパーに行くのならば、お惣菜も半額などになっています。

お米さえ炊いておけば、惣菜買うだけで夕飯は大丈夫!

疲れて楽したい時に僕がよく使う節約術です!!

番外編:近くのスーパー三軒はリサーチすること。

節約術とは言えないかもしれませんが、自宅の近くのスーパーをリサーチするのも重要。

と言うのも、300mくらい歩いたら同じ商品が20、30円安くなったりする時があるからです。

値段が高いスーパーもある一方、びっくりするくらい生鮮食品などが安いスーパーもあります。

 

行きつけのスーパーはあると思いますが、他の近くのスーパーの方が割安だったら絶対に変えた方がお得。

僕自身、通っていたスーパーを変えた経験があります。

一回のお買い物の差は微々たるものですが、一年経つとバカになりません。

同じ商品を買うのなら、安い方がお得ですよね!

スポンサーリンク

節約術まとめ!!

スーパーで買い物する時に、実際に僕が実践している節約術を4つ紹介してきました。

4つの節約術!

  1. 1回の買い物に限度額を設ける!
  2. 空腹時に買い物しない!必要か欲しいものかを見分けよう!
  3. カートで買い物しない!
  4. 閉店前1時間は狙い目!

一人暮らしの僕はまとめ買いの恩恵を受けられない時があるので、一人暮らしならではの方法も書きました。

 

繰り返しますが、健康を害するまで食費を削ったらダメですよ!

健康が一番。そこから無駄な食費を削って行くのがGood。

それでは!