自分のことしか考えない人について考えてみた




どうもふぁらとです。

生きてく中で、人間はたくさんの人間と出会います。これは社会的動物なので当たり前のことです。

人間関係を構築していく中、昔の僕はこう思うことが多かった。

昔のふぁらと
なんであいつは自分のことしか考えないのだろう。。。

本当に自己中心的な人っているものです。よく静かに腹を立てたものです。

 

しかし、今になって『自分のことしか考えられない人』の方が圧倒的多数だと思い始めた。

要するに、自分のことしか考えない人の方が普通ってことです。

『自分さえよければいい。他は知ったことではない。』

こう言うと乱暴に聞こえますが、事実ではないでしょうか?

個人レベルでも国家レベルでもそうです。

『自分さえよければ』

『自分の国さえよければ』

この考えがはびこっています。この考えが戦争を引き起こすきっかけにもなるでしょう。逆に、経済の発展を加速させるきっかけにもなるでしょう。

 

『ひたすらお金を増やしていく金持ち』なんてたくさんいますよね。

資産運用し、儲けた利益を貧しい人に渡すのではなく、さらに資産を増やしていく。。

資本主義なので当然の結果だと、残念ながら思ってしまいます。『利潤の休みなき運動』と、マルクスはよく言ったものです。

これが通常であり事実。格差社会が問題になっていますが、格差が現れるのは当たり前なんですね。

お金はパワーです。資本を持たない労働者と経営者とでは大きな力の差があるでしょう。

経済成長によって労働者が得られるお金よりも、資産運用で得られる利率の方が高かったりします。だから一向に格差は縮まらない。

 

このように、個人レベルでの解決は困難な気がします。

Aくん
それなら政治に任せよう!!

これも、上手くいかないことはみなさんご存知だと思います。

政治家を選ぶのも、民主主義国では国民の役割。

私たちは、自分がどのような利益を得られるかに重点を置き、政治家を選びますよね

『この政治家を選んだら世界はどうなるか?』と考えるのは二の次。自分の国しか考えない人の方が多いでしょう。

自分は他人のために尽くすんだ!』と思っても、周りに『自分さえよければいい人』だらけだと難しいものがあります。

 

『自分のことしか考えない人』が普通であり、圧倒的多数であることが分かっていただけたと思います。

でも、この記事を読んでくださっているみなさんは、『自分のことしか考えない人』でなく、広い視点から物事が見れる少数派の人だと思います。

一人一人が大きな視点を持てるようになるのは必要なことであり、グローバル化が進む現代ではなおさら。

世界を作っていくのは私たちですから。他の人が作ってくれると言うのではなく、一緒に作るものです。

僕も『自分さえよければいい』とは、どうしても思えない。偽善ではありません。

ふぁらと
自分だけが富を得ても何になるのだろう??

ふと、こう思ってしまいました。

自分のお抱えの人からは賞賛されるかもしれない。でも、他大勢の上に立ちたいなどの、支配欲は一切ナシ。全員と平等で敬意を持って接したいものです。

僕の理想は自分もみんなも世界も幸せになること。この記事を読んでくれている人にも、もちろん幸せになってほしい。

では、どう生きていくのがいいのだろうか?良い生き方とはなんなのだろう?

自分だけでなく相手も世界も豊かになるにはどうすればいいのか?

僕の意見を書いていきます。

個人の思いやりが一番

まずは、自分が自己中心的になるのでなく、他人への思いやりの気持ちを持つことが一番だと思います。

他の人がいくら自己中心的で理不尽だとしても、自分は自己中心的になるべきじゃない。何事も自分からです。

正直、他人を蹴落として、のし上がる競争は限界だと思います。

蹴落とされた人は損をしますから。自分だけ損をすると不満も溜まりやすい。

 

なので、他人へ思いやりの気持ちを持ち、両人とも得してハッピーになる方法を探すべきです。2人して嬉しい結果なら、不満もでないでしょう。

これを2人の関係から、もっと多くの人数、そして世界まで広げていく。世界中70億人の人が協力しあっても解決できない問題ってほとんどないのではないのでしょうか?

まずは、自分が自己中心的にならない。強い思いを持っていたとしても、これを貫くのはなかなか大変なことです。

でも、努力すれば、ちょっとでも理想に近づけるのではないのでしょうか?理想について考えた記事はこちら。

理想を語ることは誰だってできる。理想に近づくための努力の仕方3選

2017.08.19

『世の中の当たり前』って、『今までの世界では当たり前だった』というだけで、これからも普遍的であるなどの保証はどこにもありません。

一人一人がこれからの世界のあり方を考えていければ、もっと刺激的な世の中になるだろうなあ。

スポンサーリンク

物への欲求を減らす

人間の欲求ってなかなか満たされませんね。買い物して得られる満足感って一瞬。

なぜなら、商品が手に入るとそれが当たり前になってしまうからです。

なので、物への満足を知るということも重要。必要でない物やお金への欲求って特に凄まじいものがあります。

よって、お金や物でない豊かさが大事。例えば、人間関係や自分の社会的立場などです。よい人間関係を築けるほど、人生の中で素敵なことはないと思っています。

今、持っていることに気づき感謝する。それだけで幸せになるものです。僕は、生きていられるだけで十分幸せ。

辛い時こそ思い出して欲しい。「幸せはたくさんある」と。

2017.08.18

こんな僕が満足しないことは、自分に関することだけです。

いくら勉強しても満足しないし、自己研鑽が終わる日は来ないでしょう。でも、自分がしたいように時間を割いていけば、『なんとかなる!』と思っている自分もいます。

豊かさって自分から出てくるものだとこの頃強く感じます。

他から与えられた豊かさより、自分が思う豊かさをみなさんにも大切にしてほしい。

すでにあるものから幸せを見出すこと。『あれもない!これもない!』ではキリがない。

自分の力は自分のものだけでない

自分の力って自分だけで身につけたと思ってしまいますが、そうではありません。

今まで生きていた人のおかげでもあり、身近な人のおかげでもあり、自分を育ててくれた社会のおかげでもある。

なので、自分の力は自分のためだけでなく、他の人や社会のためにも使うべきではないでしょうか?

自分を育ててくれた世界に恩返しとまでは行かなくとも、お返しはしたいものですよね。

自分の力もお金も全部が社会共通の資源

自分のためだけにお金を使っていたら、いくらあっても足りないでしょう?

お金は無限に湧くものでもないですし。有限っすよ。その全世界共通の財産をどう使ってくのが正しいのか。

これも、一人一人が考える必要がある事柄だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

『自分のことしか考えない人』が普通だと書いてきました。

では、私たち一人一人はどうしていくべきか?

やはり、自分から理想を目指していくのが一番ではないでしょうか。

・自分がまず、他人へ世界へ思いやりの気持ちを持つ!

・物への欲求を減らす!

・自分の能力もお金も社会共通の財産!

この3つの考えを僕は大切にしています。みなさんにも大切にしている思いなどがあれば、ぜひ教えていただきたい。

目先の利益に惑わされず、世界という大きな視点から物事を見て、自分から行動すること。

この世にある情報全てが正しいわけではありません。自分で正しい情報を見極める力をつけることが大切です。

意見と事実を混同しないこと。情報と良いお付き合いをするために。

2017.10.11

このような情報化社会では、やっぱり自分が自立しないと始まらないですね。

子供の時って本当に小さな世界しか見えていなかったなと感じます。おもちゃを買ってもらうことが史上最大のミッションでしたからね。

しかし、成長するにつれ、視野が広くなる。世界という本当に広い視点から物事を見る力が求められる時代に私たちはいます。

みなさんと刺激的な世界を作っていきたいです。一緒に頑張っていきましょう!

ふぁらとのプレゼンツでした。それでは!