5分で分かる勉強する意味!




こんにちは、勉強嫌いだった大学生のふぁらとです。

この記事を読んでいる方は勉強って何のためにあるのか、わからなくなってきた方がいると思う。

正直なところ、こう思うのは当然で、教師や親にやりたくもないものを強制的にやらされている状況というのも勉強嫌いなる原因だと思う。

でも勉強嫌いだった過去がある僕だからこそ勉強の大切さがより深くわかっていると思います。

すこしばかりお付き合いくださいな。

 

勉強は入試のためだけ?それは違う!

「勉強する意味ってなに?役に立たないじゃん。」

ある中学生からこの質問をされ、僕は一瞬返答に困りましたが、とっさに選択肢を広げるためだよと答えました。

この選択肢を広げるという話は、僕自身中学生の時に先生から聞いた印象深い話でもあります。最も分かりやすい話で、勉強ができれば、自分がやりたいことができた時、行きたい大学、専門学校に行き理想の将来像に近づく可能性が高くなるよってことです。

 

しかし、この返答は、勉強は目的を達成する単なる手段でしかないとみなしていることに問題がありました。

ここでいう目的は入試突破などです。入試のためだけに仕方なく勉強するのはなんとも味気なくつまらないとも思います。

 

もちろん、簡単な計算ができることは、お金のやり取りをしたり、物を分配したり日常生活を送る上で必須能力ですよね。

読み書きも生活する上で必須。

これらの知識が役に立つという意見に異論を唱える人はいないでしょう。しかし、日常生活では扱わない勉強にであったとき、全く役に立たないなーという感情が生まれることがある人もいるでしょう。無限等比級数ってなんやねんみたいな。笑

それでも僕が言いたいのは勉強は役に立つということ。『?』マークが浮かんだ方も多いと思いますが、学ぶことに重点を置いてみては?と提案したいです!!

 

スポンサーリンク

勉強は役に立つ!

言い切ります。勉強は役に立つと。

将来の夢を詳細に描ける学生なんてそうはいないと思います。僕も日々悩みながら過ごしている笑

 

将来の夢が決まってなくて勉強にも身が入らない人に言いたいのは、勉強をしないことで自分の可能性を潰してるということ。

 

自分には役に立たないと思っている勉強であっても、世界のどこかの分野の人にとっては重要な知識であって、その分野に自分が進まないって言い切れるでしょうか?

 

人生は選択の連続で、勉強もその一つ。自分は勉強しない、と選択すると勉強が必要な分野への道を閉ざすことになります。まだ将来の夢が決まっていない中学生や高校生の方には幅広い勉強を通して、自分の行きたい道を決めてもらいたい。やらず嫌いはもったいないよー。

 

逆に、自分の行きたい道が決まっていてそれが揺らがない自信があり、その道が5教科の勉強内容と全く関係のない場合、僕は無理に勉強をする必要はないと思う。自分の力を120%発揮できる場を見つけられればそこに全エネルギーを注ぐのはいいことだと思うよ。

 

少しでも将来の不安があったり、明確に決まってないなら自分のために勉強して欲しい。知識が増えれば増えるほど同じ物事を見るにしても、深みが全く違ってくる。本当に様々な視点を持つようになるためにも勉強は必要。ここでいう勉強は学校の勉強以外のことも含んでいる。

 

学ぶことを学ぶため

もう一つ。勉強する意味として、学ぶことを学ぶことが必要だと思っています。

人と動物の大きな違いは学習能力の差。これから先、何個も新しいことにみなさんチャレンジするでしょう。

このとき、過去に学問を通して知らないことを学ぶという体験をしていれば、どう新しい知識を得ればいいのか自分なりに理解できるようになります。この力は、新しいことを学ぶことへの抵抗を減らしてくれるなと。自分ができた経験というのも自分はよく知っているからです。

 

このように、何かの知識に限定した話でなく、学ぶという行動そのものが大切というのも知ってもらいたい!

他にも論理的に物事を分析したり、簡潔にユーモアを交えて物事を言える能力なども学びを通して体得するものだと思っています。前者は数学的な思考、後者は言語力であったり政治、歴史などの幅広い知識も必要でしょう。

 

思っているより、学んできたことによって自分の根幹が変わっていきます。

正直、僕は義務教育の内容が直接今、僕のどの部分の役に立ってますよーとは言えませんが、間違いなく言えることは、教育や勉強を通して学ぶ能力が伸びたということです!!

スポンサーリンク

発明するにも勉強が必要

今まで世界に存在しないものを生み出したい人もいるでしょう。今まで世界にないんだから今ある勉強しなくてもいいやなんて思っている方、考えが甘いです。笑

新しいことを始めたい時には、どんなことも現状どうなのかきちんと把握することが大切。なんの知識もないところからは発想は生まれないです。

この発想力を鍛えるためにも勉強が必要になってしまうから、なんか悲しくなることもありますけどね!笑

まとめ

いかがだったでしょうか。まとめると勉強をやったほうがいい理由は、

・ 勉強をしないことで自分の可能性を潰すことにつながる

・ 世界をいろんな視点で捉えるため

・ 学ぶことを学ぶため

・ 新しいことやるにしても今までの知識は必要

勉強嫌いだった僕が勉強する意味を考えた結果がこれです!

まだ納得できない方もいるかもしれません。でも、自分のことについてよく考える時間を作って欲しいです。

まあ、大学に行くために勉強するのも大切だと思います。高卒と大卒での生涯年収が1億円程度、差が出ることも研究から示されてるので!

自分のことは自分が一番知っているので、自分は将来何がしたいのか、どんな人間になりたいのか、あいまいでもいいんです、イメージすることが大切だと思っています。

勉強をすることにやる気が出なかった方のモチベーションを少しでも上げることができたらこれ以上に嬉しいことはないです。

それでは!