人を嫌っても誰も得しない。人嫌いを克服する4つの方法

どうもふぁらとです。

あなたは生きていく中、様々な人と出会って人間関係を形成していきます。

そんな中、「こいつ、おれとウマが合わないな」って人にも、もちろん会います。誰かしら心当たりはあるものですよね。

そんな時、その人を嫌いになってしまうことがあります。「だって自分と合わないんだから仕方ないじゃん」と。

でも、その人のことを嫌わないでください。嫌いになりそうだったら一歩止まってみて。

人を嫌わないで欲しい理由はただ一つ。誰も得しないから。

嫌うこと自体に優越感を感じる人はいないでしょう。嫌われていい気分になる人もいない。

「やったー嫌われた!」と人、強がってるだけですよ。嫌われない状態とどっちかを選べるとしたら、嫌われない方選ぶでしょ?

この嫌うという行為自体が大変よくないです。人は他者とつながってこそ、いい人生になるのに悪い人間関係つくるなんて、わざわざハードモード選んでるようなものです。

僕自身、中学生時代は人をよく嫌ってるヤツでした。やってはやりかえされてなんてことも一回どころの騒ぎじゃない。

でもね、今思うことはムダなことにエネルギー使ったなという虚無感。なーんにも生まれないです、人嫌っても。ただ疲れるだけ。その人を嫌うエネルギーを、人を愛するエネルギーに使ったほうが遥かに良い。

人を嫌っても疲れるだけと書いてきましたが、「そんなことわかってるけどどうしても人を嫌ってしまう」と言う人もいるでしょう。

そんな時、人を嫌わないにはどうしたらいいか、人嫌い克服の方法を紹介。

好きって気持ちをMAXに伝える

最初は嫌いという感情を無理してでも捨てて、自分から好きという気持ち伝えてあげてください。恋愛感情の好きじゃないです。嫌いって気持ちをひとまず抑えて、嫌ってないよって気持ちを与えてください。

好きだ!なんて言わなくていいです。勘違いされちゃいます。態度でいいんです。笑顔であなたが嫌いじゃないよってことを全力で伝える。

ここで、相手が好きになってくれるかは別問題です。人間関係なんて足し引きで表せない。自分が与えたから相手も何かくれるはずだって気持ちをまず捨ててください。

相手が自分に何くれるかなんて分かんないし、気にしてもしょうがない。そういう損得勘定をまず捨てる。自分が与えたからって、相手はお返ししないかもしれない。でも、それでいいじゃん。

相手のお返しを最初から気にしてたら、損得で人付き合いしていることになり、面白みがない。あなたから可能な限り与えまくればいいんです。嫌うエネルギーを、好きと伝えるエネルギーに全部振る。ばらまくっていきましょう。

綺麗事かもしれませんが、僕が一番いいと思っていることです。下心なんていらない。迷惑にならない程度に絡んでいこう。

気にしないようにする

本当に嫌いな人を好きになれとはいいません。そもそも無理な話です。好きという気持ちを伝えているのに、一方的に嫌われちゃしょうがない。この人だけは苦手で好きになれないということもあるでしょう。

では、そんな時どうすればいいかというと無関心でいること。関係を保つ必要ないなら、わざわざ付き合うことありません。さっさと離れるのも有効な手段。

無関心でいるなら、その人の行動に対していちいち反応しなくて済みます。嫌うことにカロリー使って、ストレスホルモン上昇させる必要は皆無。人を嫌うことほどムダなことないっすよ、うん。

気にしないのが一番。こんな人もいるんだなーと思っておけば十分。

いいところを見るようにする

人には個性があります。同じ人はいない。んで、これからはいいところを見るようにしてください。

多少なりとも、尊敬できたら一番。ここは自分とは合わないけど、ここは違う一面が見られてステキだなーと。嫌なところにだけ敏感に反応することないですよ。いいところだけ見れるようになると楽しくなります本当に。

嫌なことに全部蓋する必要はないですが、人は主観的なもので悪い部分だけ見えてしまうものです。嫌いな人ならなおさら。そのひとらしい、いいところを探してあげましょう。

諦める

関係を保つ必要ないなら気にしなくてOKと言ってきましたが、切れない関係で嫌いな人が出てくる場合がある。家族嫌いになったりしちゃうと緊急事態です、マジで。

そんな、嫌いな人とどうしても付き合っていかなくちゃいけないとなった時、最初に言ったように私は好きだよって気持ちを伝えていきましょう。嫌われると嫌い返すというスパイラルになっている可能性があるので、まずはこれをなくす。

次にどこが悪いのか聞いて見ましょう。あなたが嫌われている理由が最なものかもしれません。その間違いを直さずにどうしようもないってセリフ吐くのは傲慢。間違えたなって思うことあったら、素直に謝って改善していきましょう。嫌い合う状態は健康にもよくない。

自分は嫌わず正しい行動しているのに、相手が嫌ってくるのならもうどうしようもありません。サイコですよもう。

損得感情する必要はないって言ってきましたが、それは相手がお返ししてくれなくても、気にする必要はないってことです。お返ししてこないことは全然いいのですが、悪影響しか与えてこないなら話は別。

例えていうと、お土産あげたら卵投げてくるようなもの。あげたいからお土産あげてるだけなので、お返しなくても全く構いませんが、卵投げられたらブチ切れたくなるものです。

こんな卵投げてくるやるに構ってる暇ないです。諦めるっていうのも一つ必要になってくるパターン。

まとめ:とにかく人を愛して

 

自分から好きという感情与えまくりましょう。これが一番いい。相手が何もしてこなくても構うことはないです。そもそもお返しを望んでやることじゃない。

与えてるのに、卵投げくるやつはクレイジーなので気にしなくていいっす。珍しいもの見る気持ちでいてください。その人に構ってるほど、あなたは暇じゃありません。

自分にも非があるかもって思いは持っといてください。何かしらきっかけがあることがほとんどです。そういう時は、謝って問題を改善して愛する、以上。

あなたの人間関係がよくなるよう願ってます。それでは!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください