悩みごとがたくさん。どう悩みを解決すればいいのか?




どうもふぁらとです

みなさんは今、何かに悩んでいると思います。

「体型に自信がない、、」

「将来への漠然とした不安が、、」

「取り組んでいる事にやりがいを見出せなくて無気力に」

などなど。悩み事の大小はあっても、悩み事のない人はいないでしょう。誰もが悩み、それと向き合っていく。このプロセスこそ、自分らしさというものにも繋がっていると思います。

 

ここで、提案したいことは、

  1. 悩むべきことだけよく悩もう。
  2. 悩みごとについて深く考えてみよう。そして自分なりに解決策を見つけていこう。

この二点!!

この記事で書いていく悩みとは自分が直接的に関係している悩みだとします。

 その悩みは自分が解決できることか

今、自分が悩んでいることは自分の力で解決できるのか。これは1つのポイントです。

例えば外見についての悩みを例にあげてみましょう。

 

AさんとBさんがいたとします。2人は外見の悩みを抱えていて、Aさんの悩みは、

Aさん
痩せたいんだけど、なかなか痩せられなくて・・・

Bさんの悩みは

Bさん
もっと背が高かったらいいのに・・・

だとします。

まずAさんの悩みから。Aさんの悩みを見てみると、太っているのがコンプレックスです。

この悩みは、自分で解決できます。強い意志は必要でしょうが食生活を見直し、お菓子を食べない、バランスの良い食事を摂る、運動をする、、などなど自分の行動次第で解決できることです。

一方、Bさんの悩みはどうでしょうか??

背が低いというコンプレックスは自分の力で解決できるでしょうか??

これは解決できませんね。成長期が過ぎ去ったらアウトです笑。

僕ももっと背が高かったらと思うことは多々あります。

ここで言えることがあります。「Bさんは悩むだけ無駄である。」と。

 

2つの悩みを比べると、1つは努力次第で変えられ、もう1つは自分の努力では変えられないことです。自分で変えられないことを悩むのは時間の無駄です。気になることはあるでしょうが、もっと自分が解決できることに悩み、そこにエネルギーをそそいでいく、これが大切だと思っています。

 

みなさん悩みごとがあったときにはまず、それを自分が解決できるのかできないか、これを見極めるのが大事です。もし、その悩みの原因が自分以外の人にあり、自分が解決できないなら思い切って気にしないことが必要だと思います。

 

スポンサーリンク

悩みを解決するのに必要なこと

ではその悩みが自分で解決できる可能性があった時、どうすればいいでしょうか。

その悩みを解決していくために必要なことを考え、書き上げるのがオススメです。

 

実際、僕も悩みごとがあったとき、その悩みごとばっかりに意識が集中し、ただただ悩んでしまうことがあります。そういうときは何に悩んでいるのか落ち着いて考え、悩み1つ1つに対し、解決策を考えてます。

 

そこで自分の悩みの本質は何なのか、紐解いていくためにも客観的に自分の悩みを観察し、解決方法を考えていきます。それを紙に書くことで、ただ紙に書いたことを実践していけばいいんだ、と思うことで気持ちも楽になると思います。

 

すべてに共通して言えるのですが、ゴールをはっきりイメージすることは大事です。悩みごとがあったとき、その悩みごとが解決するゴールは何なのか、その解決した時の自分の姿を想像することでモチベーションもあがります。

最後に

まとめると、悩みごとがあったときの対処法として

・ 自分の力で解決できる悩みを考えること

・ 自分のなりたいゴールをイメージし、今日からでもそれに向けて実践していくこと

この二つが大切だと思います。悩みを客観的に見る時に、将来も一緒に考えるなど、大きなスケールで考えてみることも重要です。自分のなりたい姿になるためにこの悩みは解決すべきか否か、がよく見えてくるからです。

やる気のでないことも、それは自分がなりたい将来の姿に必要なことか否かを考えることで、そのものへの見方は変わってくると思います。もし、必要なことならば自信をもってやることができるので、モチベーションも維持しやすいです

長いスパンでものを見るのが時には必要です。みなさんが毎日していることに自信を持ってもらえればと願っています。

それでは!








コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください