自転車運転中の「イヤホンで音楽」は絶対危険だと思うんだよな。




どうもふぁらとです。

皆さんは自転車に乗る時、イヤホンで音楽を聴くタイプでしょうか?

よく見かけますよねこういう人たち。

 

僕もイヤホンで音楽聴きながら歩いていると、人通りの少ない路地で

ふぁらと
ウルトラっソウル!へい!!

と口ずさんだりするくらいにはテンションも上がります。

 

ただね、自転車での「イヤホンで音楽」は絶対危険だと思うんだ

歩いているときに音楽がないのと同じように、自転車でも音楽がないと寂しいと感じることもあるでしょう。

テンションが上がり、チャリが楽しくなるのもよーく分かっています。

それでも!みなさんにも自転車運転中の『イヤホンで音楽』を是非やめてもらいたい!

ただただ危険

なぜやめた方がいいか?

そりゃただただ危ないからです。

ドライバー目線で運転するようになって初めて

ふぁらと
これ危険だしやめて欲しいな〜

と思うように。

なぜかと言うと、後ろから追い抜く時に自分が運転する車に気づいているかどうかが判断できないから。

割と怖いですよこれ。。。

恐らくは気づいているのでしょうが、イヤホンをつけていると判断しづらくなります。

 

これは自転車を運転する側も同じことです。

周りの音が聞こえないほどの大音量で音楽を聴いていると、頼るものは視覚だけになってしまいます。

救急車のサイレンが聞こえないほどの大音量なんて論外。

さすがに運転中、嗅覚を使う人はいませんよね。

Aくん
匂う。。匂うぞ!!後ろから車の匂いがしてくる!

このセリフ普通じゃないですよね!これできたら自分の特技にしていいレベル。

運転中の聴覚はとても大事。私たちはシマウマほど視野は広くないのです。

また、歩行者との距離も近いのが自転車。

ぼーっとしてぶつかることだけは避けなくてはなりません。

他人を自分の過失で傷つけるほど、酷いことはないでしょう。

 

ここから『自転車運転中のイヤホンは違法なのか?』について少し書きます。

結論から言うと、違法か違法でないかはグレーゾーンです。

都道府県によって道路交通法が変わりますが、一例として神奈川県の道路交通法を見てみましょう。

大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。

はい。微妙な書き方をしていますよね。安全な運転に支障が出るなら違法のようです。

とはいえ

Aくん
じゃあ、小さい音量で聞けばOKなの?

との可愛げのない質問が出ると思います。

 

まあ、音楽を聴いていても安全運転ができるのであれば違法と言い切るのは難しい

だからグレーゾーンだと言いました。

 

とは言え、つけない方が安全なのは分かりきっています

片耳だろうが、耳をふさぐのは危険

 

どうしても自転車運転中に、音楽が聴きたいのであれば耳をふさがないタイプが無難。

例えば、骨伝導型のイヤホン。
ODB 骨 伝導 イヤホン bluetooth 骨伝導 ヘッドホン ヘッド セット スポーツ ランニング ジョギング 自転車

骨伝導型のイヤホンならば、耳をふさぐ必要はないため、安全運転に必要な音は間違いなく聞き取れるかもしれません。

音量を大きくすると音漏れが心配になりますが、運転中の音漏れは大して影響ないため、そこまで気にしなくていいかなとは考えています。

 

自転車に乗っている中、カナル型イヤホンなどの耳をふさぐタイプのイヤホンは、音量に関係なくつけないのがGood

本当に危険なので!安全運転でいきましょう!

事故を起こさないと思っていても、事故を起こさない確率を上げるのが大事でしょ?

スポンサーリンク

過失割合が加算される場合がある!

次は事故を起こしてしまった時の話です。

Aくん
事故なんて起こさないって〜任せとけ!!

と言ってるそこのあなた。可能性はゼロではありませんよ。

あなたがどれだけ注意していようが、向こうが注意しているとは言い切れないので。確率は0ではありません。

 

例えば、あなたが自転車運転中に車と事故を起こしたとしましょう。

よく起きることではないでしょうが、いかにもありそうな話です。

 

事故を起こした場合、どちらにどれだけ責任があるかを検証する必要があります。

通常なら車を運転していた側が重い責任を課せれますが、自転車側が安全運転をしていなかった場合、通常より重い責任を課されることになります。

これは当たり前のことですよね。

安全運転してないということはそれだけ事故のリスクを増加させているわけですから。

その、安全運転をしていなかったとみなされる要因の中にイヤホンの装着があるのですね。

大音量で周りの音が聞こえない状況は明らかに事故リスクを増加させていますから。

過失割合が加算されるのも頷けます。

 

いくら小さい音量で聴いていたとしても、事故起こした時に不安材料にはなりますよね。

自信を持って『安全運転をしていました!』と言えるようにも、耳をふさがない方がいいです!

 

事故を起こす確率が0にならない以上、『事故を起こさないぞ』との意識を毎日持っていて欲しいと思います。

まとめ!イヤホンで耳をふさぐのはやめよう!

『自転車の運転中にイヤホンで耳をふさがないように』と書いてきました。

本記事のまとめ!

  1. 自転車運転中のイヤホンは危険!
  2. イヤホン装着が違法かどうかはグレーゾーン。ただし安全運転ができない音量ならばアウト。
  3. どうしても自転車運転中に音楽が聴きたいのならば、耳をふさがないタイプの商品を!(骨伝導型イヤホンやスピーカー)オススメはしません!
  4. 事故時に過失割合が加算される場合がある!

安全運転するためには絶対聴覚が必要。

混んでいる道なら特にです。交通量が多い細い道は特に気をつける必要があります。

 

イヤホンで耳をふさぐことは間違いなく安全運転に対して悪影響がありますからね〜。

 

覚えて帰って欲しいことをもう一度繰り返します!

・自転車運転時にイヤホンで音楽を聴かないようにする。

・または耳をふさがないタイプのイヤホンを使用する。

事故を起こさないためにもぜひ実践してほしいと思います!それでは!