音楽を聴いてふと泣くのはなぜだろうか。




どうもふぁらとです。

今日は音楽から感じるパワーをみなさんと共有しようという記事です。笑

よければお付き合いくださいな。

 

さて、みんさんは音楽を聴きますか?

本記事を読んでくださっているみなさんの音楽にかける時間・熱意は千差万別でしょう。何かの楽器を弾いたり、もしかしたらバンドを組んでいる方もいるかもしれません。

僕はというと中学くらいまでピアノをかじったことがあるくらいです。笑

今はもっぱら聴く専門。気分転換にもなるし、音楽なしでは自分の人生が想像できないくらいではあります。

そのように私たちの身近にある音楽。

 

ただ音楽を聴くと、たまにむしょうに泣きたくなるときがあります

いや、涙が溢れているので泣いていますね。笑

 

なぜ、5分にも満たない一曲にここまで心を揺さぶられるのか?

実際に僕が涙を流した曲から考えていきたいと思います。

僕が最近泣かせられた曲

自分が泣き虫なのかどうかは分かりませんが、割と感受性は高い方だと思います。笑

自分が思っている以上に繊細だなとも。これ以上、男である僕が自己紹介したって気持ち悪いだけなので、最近涙を流した曲を紹介していくよ!!

『ノンフィクション』  平井堅さん

最初に聴いた時ホンっトに泣きました。人生で初じゃないかなレベル。

寝起きすぐの出来事です。

ふと平井堅さんの『ノンフィクション』が聴きたくなったのです。。紅白で軽く聴いていて良い曲だな〜と思ったのがキッカケ。

YouTubeでPVを見たみたら案の定、感動。その後すぐにiTunesで購入しました。からの号泣というルート。

何がいいって歌詞ですよ。

人生は苦痛ですか? 成功が全てですか? 僕はあなたに あなたに ただ 会いたいだけ。

『ノンフィクション』 平井堅

この言葉がついこの間の僕には突き刺さった。

将来の道に迷う毎日。先が見えない恐怖にも襲われる時があります。その悩みの原因にあるのが、自分が理想通りの自分になれるかってことだったんですね。

しかし、そんな悩みを持つ僕がとても小さく見えた。

なぜなら、良く想像もできない成功とやらに踊らされてた自分がいたからです。成功の基準って曖昧ですよね。だって人間自体、曖昧なもんじゃないですか。

家族・恋人・友人を愛する私たちがいる一方、薬価が下がらない高価な薬があったり、武器商売が大きなマーケットを形成していたりと。

もう何が成功なのか正しいのかも分からない。ビジネス的には成功なことでも人生で成功かと言われると分からないですよね。

 

もう、人生で自分が思う成功なんて取るに足らないことなのかもしれません。僕も極論、自分にとって大事な人に会うために生きているところがあります。

こう考えると逆に、自信が生まれてもきます。

失敗したっていい。健康で、しかも大切な人に会えている今がとても貴重なものだと気づけたから。

何でも挑戦してみたっていいじゃないか。その機会に恵まれていることが幸せなのではないでしょうか?

 

ぜひ聴いてみてください。

では、次の僕が泣いた曲です。

トアルハルノヒ  RADWIMPS

昔っからRADWIMPSは好きなアーティストです。そこから一曲『トアルハルノヒ』を紹介したい。

何ともまあ泣かせてくれる曲ですよ。アーティストとして活躍してきたRADWIMPSの思いが手紙のように伝わってきます。

僕が最初にハマったのは中学生の頃。周りにRADを聴いている人はほぼいませんでしたが、その頃から大好きなバンドでした。

それから数年経った今。僕もブログというツールを使ってささやかながら発信をする立場になりました。

人って成長するんだなあと実感。とは言え、その時期には成長の度合いがどうも見えにくいのが問題ですよね。

後になって

ふぁらと
やってよかったな。

と思うことは多々ありますが、その当時は良く分からないもの。

ただ、どこかに道は通じているのは確かです!

ふと自分がやってきたことが間違いなかった・正しかったと思えるその時まで、突っ走っていこうと思えました。

スポンサーリンク

泣かされた曲の共通点は?

曲のジャンルがどうとかは言うつもりはないです。邦楽だろうが洋楽だろうが感動させられるものには感動させられるでしょうから。

泣かせられた曲として2曲紹介はしましたが、それだけではありません。他にもたくさんの感動させられた曲があります。

その曲に共通していたことは、今の自分へ歌詞が突き刺さるものです。

メロディーが気にいるのも理由としてはありますが、それ以上に歌詞に心揺さぶられます。

ふぁらと
歌詞がすっと入ってくる〜

という状態になるんですね〜

みなさんも経験があるのではないでしょうか?

 

1年前の自分が聴いても感動しなかったものが、今聴くと感動するなんてことはたくさんあるでしょう。

自分が今いる環境・状況によっても心揺さぶられる曲は変わってくる。

まとめ: 泣ける曲に出会えたことに感謝!

そう考えると、自分が泣ける曲に出会えたのがとても運が良いなと!!

完璧じゃない僕たち。僕たちの穴ぼこも人それぞれ。その穴ぼこを埋めてくれる一つのものが音楽なのではないでしょうか。

好きな音楽があるのもそれによることなのかもしれない。人によって環境が違いますから。

本当に音楽って素敵ですよね!こんな芸術を僕と同じ人間が作れるとは。。。おそるべし。

これからもずっと生活の側に音楽はあることでしょう。

 

自分が今まで過ごしてきた全てが、感動的な曲に出会えることにもつながっている。

泣いたっていいんです。恥ずかしがるこたあないさ!それだけ心を揺さぶられたということですから。

ただ、人前では心配をかけてしまうかもしれないので気をつけて。それでは!