『大学生は暇』は正しいのか?時間があるからこそできることがある。




どうもふぁらとです。

今回は『大学生は暇なのか?』という問いについて、考えていきます。

結論からいうと、半分正解で半分外れといったところでしょうか。

世の中の、大半の人たちは『大学生は暇だ』と思っているでしょう。

僕自身、大学生になる前にはこう思っていたものです。

ふぁらと
平日休みもあるとか、暇すぎだろ!

その通りですよね。週7で部活していた高校生にはなおさらでした。

ふぁらと
部活もなく平日も休めるなんて、ただのパラダイスじゃん!

体育会などに入りさえしなければ、毎日がOFFですからね。こう考えていたわけですよ。

しかも、大学卒業後に受験するわけでもないです。

これは、資格を取るか取らないか、院進するかなどで、大きく変わってきますが、大多数の人は就職します。受験勉強に勤しむ必要もないんですね。

しかし、実際に理系大学生になったら、入学前思っていたことと一転。

ふぁらと
平日休みじゃないし、大学生ってそこまで暇じゃないじゃん!

平日休みなど、僕が進んだ学部では神話でした。実験も週2であり、レポートに追われる日々。

では、理系大学生は暇ではないのでしょうか?

 

理系だけが忙しいの?文系は?

僕は理系で、僕は平日休みはないと書きました。では、理系は忙しくて文系は暇だ、ということでしょうか?

結論から言えば、理系だから忙しいというわけではないです。

むしろ、理系であっても部活をしていた高校時代よりは遥かに時間があります

レポートや課題も、サボらなければ普通に終わる分量ですしね。全部の大学に当てはまることではないかもしれないですが、、。

確かに、文系よりは授業数が多いでしょう。文系の友人の中には、週5休みという強者もいますからね。

しかし、文系に比べたら授業数と課題が多いだけです、所詮は。土日はしっかり休めるし、平日も毎日朝から晩まで大学にいるわけでもないっす。(研究室入ったら違いますが)。

Aくん
じゃあ結局、大学生は暇じゃん!

暇かどうかはおいといて、時間があることは確かです。

次に、『暇』について考えていきます。

 

スポンサーリンク

『大学生は暇である』は、半分正解で半分間違い。

『大学生は時間がたくさんある』というのは認めます。これは事実ですね。

では、『大学生は暇なのか?』という問いへの、答えは半分正解で半分間違いであると答えたいです。

なぜ、半分とかまどろっこしい表現使っているかと言うと、『暇という意味の捉え方』によって変わるから。

『暇とは単に時間があること』とするなら、大学生は暇です。

逆に、『暇とはやることがないこと』とするなら、大学生は暇ではないです。

僕が考える暇とは後者です。すなわち『暇とはやることがない』ことと考えています。

 

暇とは、朝早く起きようとも思わず、寝っ転がってネットサーフィンするという印象。極端かもしれませんが。

暇をこのように捉えるなら、大学生は暇ではないです。暇であって欲しくないと言う方が正しいかもしれません。

さて、大学生は時間がたくさんあると書いてきました。

この『たくさんある時間』を言い換えるならば、『自分で使い道を考えなければいけない時間』であります。

大学生は、高校生とは全く違う。高校の時はほぼやることが決まっていて、僕の場合、授業or部活or勉強のどれかでした。

でも、大学生は自分で決めることが増えます。授業など人から与えられることもありますが、多くは自分で考えなければいけないっす。

このたくさんある時間を、ゲームや寝て過ごしてしまったら、『暇だ〜』というセリフが出てくるわけですね。

しかし、何も考えずに、この膨大な時間を使うのはあまりにも勿体無いです。

働き出したら、ここまで時間が取れないと思いますし、取れないとの情報はたくさんあります。

僕自身、2週間インターンシップに参加したことがあり、6時過ぎには帰ってこれましたが、これでも時間が足りなくなると思ったものです。9時や10時過ぎまで仕事をすると言うと、自分が使える時間は皆無になるでしょう。

 

時間の使い道を決めることが重要

なので、『時間があるから暇だ』と言うのではなく、時間があるからこそ、自分でやることを決めなくてはならないと思います。

いつか自由に使える時間がなくなる可能性は高いっす。大学生の今が、時間を存分使える貴重な期間だなと。

何をするもしないも、本人次第ですけどね。

大学教授の1人に、英語をするようにアドバイスしてくれる人がいました。大学生のうちに、勉強するのは本当に大切だと思います。勉強もやればやるだけ、時間が足りなくなってきますし。

本来、大学には専門の勉強をしに行ってるわけですしね。授業の時だけ、勉強すればいいと言うわけでは本来ありません。

自由時間をその専門の勉強に費やすのもいいでしょう!自分の専門とは違う勉強に費やすのもいいでしょう!広い範囲を勉強をすることで、多面的に物事を考えられるようになるものです。

その時間を、スポーツやインターンに費やすのもいいでしょう!

自分が後悔しないように、時間を使っていく必要があります。これは本当に本人によりけり。好きなこと得意なことは千差万別だからね。

自分が納得できる、時間の使い方ができればそれで十分かなと。他の人がどう言おうが、やりたくもないことを無理にやるのもただ辛いだけです。自分が納得できればいいと思います。

ぶっちゃけ、大学在学中、授業片手に新しいことに挑戦するのは、ノーリスクだなと。やらないと損という考え方でいます。

なので、文系も理系も関係ありません。自分が納得できるように、時間を使っていく。何かしらやることはあるはずです。

ただ、なんとなく過ごしてしまったらすぐ終わっちゃいますよ!半年とか秒です。

みなさんの大学生活が充実するよう、願っています!それでは!