テスト勉強のやる気が出ない時にすべきこと5選。




どうもふぁらとです。学生達の諸悪の根源「テスト」。

こいつと戦わなければ行けない時期がそう、テスト期間。この時期になるとムカムカし、怒りっぽくなり、うつ気味になる。こんな気持ちにさせるくらい相当手強い敵、それがテスト。

こんな時、少しでもテストに立ち向かう気を起こさせる、5つのことを紹介します。

机と部屋の掃除

まずは環境から。机と部屋を掃除しましょう。特に机の上。ここが汚いと、鉄板の上で体育座りするようなものです。勉強する時、机を一度も使わないってことはないでしょうからね。

そこまで丁寧に掃除する必要はありません。のめり込むと、えびせんくらい止まりません。目に見える範囲に物が散らばってない状態が理想です。

 

スポンサーリンク

とりあえず始める

掃除が大体落ち着いたら、とりあえず始めてみましょう。10分くらいでいいんです。まず10分。この間はスマホとか触らないようにしてください。あれ触り始めるとこれまた、かっぱえびせん。

やること多すぎてあたふたしますが、それでも何か一つ始めてみよう。急激に進むことはないかもしれませんが、今よりは確実に進みます。

まず、始めちゃう。これができると大丈夫。とりあえず始めることができない人は次へ。

 

息抜きする

うつになりすぎて始められないようなら、一旦息抜きしましょう。勉強して疲れた時にも息抜きは必要です。筋トレ、楽器弾く、音楽聴く、食べる飲む、ゲームする、昼寝する、なんでも好きなことでOK。

でもここでも注意点があり、息抜きは30分以内に抑えましょう。

なぜ30分以内かといったら、僕の経験からです。長く息抜きしすぎると、地獄に戻ってこれなくなります。地獄にもどりたくない気持ちはわかりますが、やるときやらないでいるとさらにハードモードになるので、ここは頑張り時。

息抜きしても全然大丈夫。ただ長すぎると、ライフ削ることになるのでここは適度に。30分息抜きしてもやる気が出ない方は次へ。

スポンサーリンク

家を出て違うとこで勉強する

息抜きしすぎて、勉強できなかったり、ついつい寝てしまう人は、家が楽園になっています。それ自体はいいことなのですが、テスト期間に楽園すぎると、これもまたかっぱえびせん。止まりません。

こんな時は、外でて勉強しちゃいましょう。おすすめは図書館ですが、近くにない時はファミレスかカフェで飲み物飲みながらやるのがいいでしょう。

この時、ニンテンドースイッチとか持っていかないでね。楽園を広げるだけです。少しだけ自分を追い詰めるために外に出ちゃいましょう。家でできるって人は外でやる必要は全くないです。僕も自室で勉強する派。

外に出ても勉強できない方は次へ。

意識高い人探して勉強会

家でもできない、外でもできないとなったら、協力者を集めよう。

集まったら遊んじゃう人とは、あまり好ましくない。今以上に楽園になってしまいます。テスト勉強しそうな、比較的意識高い奴探して、勉強しようと誘ってみましょう。

経験あるのですが、真面目な人たちの静かな中、遊ぶというのはできない。いやでも勉強初めてしまします。恐ろしい効果、、

わからないことも相談できたりするので、一石二鳥。一緒に勉強して集中できる人がいたら、それは素晴らしい人を見つけたということ。その人に迷惑かけないように、誘って勉強して観ましょう。

スポンサーリンク

まとめ

勉強のやる気が僕自身出なすぎてこんな記事書いてみました。ちなみに掃除が終わって、趣味のブログを息抜きに書いている途中。割とやる気出てきたので、僕も勉強始めますw

ではでは、一緒に乗り切りましょう。それでは!