大学生は全休を作るべきか否か。1年生の時は単位を取りまくるのがおすすめ!




どうも現役大学生の管理人@faranchuです。

大学生のみなさんが年度の初めに悩まされるのが履修登録ではないでしょうか?

大学では自分で授業の履修登録をし、卒業単位を満たすことが必要だと思います。卒業単位を満たせば学位を取得できるということです。

裏を返せば、単位さえ取れば卒業できるということ!どれだけ空きコマが多くとも、4年間で単位を取得すればOK!

なので、全休を作ったとしても予定通りに単位を取得できればいいわけです。

 

『全休』とは授業が1コマもない平日のこと。つまり、平日に休みの日があるということです。

つまり、週休2日では飽き足らず平日にも休みがあるというこれ以上にない贅沢?な状態です。笑

 

ここで

Aくん
でも、全休って作っていいの?

さすがにサボる感じがして後が不安。。。

と不安を抱える方もいるでしょう。なので、大学3年生の僕から『全休を作るべきか否か』について今までの学生生活を通して思ったことを書いていきます。

全休を作るべきか否か

結論から言わせていただくと『1.2年のうちはできるだけ単位を取っておこう』です。1.2年生次に無理して全休は作らなくてよいと思います。

やりたくもない授業を履修する必要はありませんが、単位上限となるまで興味のある授業は取るべきです。本当に大学の授業は自分の視野を広げてくれるものが多いです。専門科目だけでもなく一般教養の授業も『面白そうだ』と感じたら是非取りましょう!

3年生後期や4年生時点で取らなければいけない授業が多すぎると、就活などに支障が出てくる恐れがあるのでね。。。早めに単位を取得しておくことに越したことはないです!

ただ、履修の関係上、全休を作る気がないのに全休になるということも普通に起こり得るでしょう。笑

そんな時は、しっかり休んで自分のやりたいことをやったり、課題をする時間にあてましょう!

スポンサーリンク

状況に応じて作るべし!

全休を作ることは全く悪いことじゃありません!

むしろ作った方が良い時があるのも事実です。

例えば、通学時間がめちゃかかる場合。通いで片道2時間前後かかる人もいるでしょう。そのような方が1コマ取るために、大学に来るのは何とも勿体無い気もします。

移動時間はやはり机に座る時より集中力が低下すると思うので。。。うまく授業を組んで全休を有効活用するのは大アリです!抽選がある場合もあるので、計画通りにいかない場合もありますが。笑

 

また、実験レポートやゼミの課題が多い場合にも全休は有用!

1日平日に休みがあると、課題をしっかりこなす時間を確保できるでしょう。復習もしやすいですし!

 

またバイトの予定も入れやすいです!

Aくん
全休の時はバイト絶対入れない!

との意見の友人もいますが、他の日が忙しくバイトを入れることができないのであれば、全休はバイトを入れる日の選択肢となることでしょう。

 

このように使い方次第と言いますか、全休は素晴らしいものです。小学校の時より休める時期もあるでしょう。時間があると余裕が生まれるので、全休も悪いものじゃないです。

大学生の暇な時間はどのくらい?本気で考えてみた。

2018.01.17

管理人の全休の使い方

一例として僕の全休の使い方を紹介します。

ちなみに僕は大学3年生になって初めて全休ができました。1.2年生の時は取れる授業はほぼ履修し、取得単位は現時点で100をゆうに超えています。笑

そんなこんなで余裕もあるので、3年生でついに全休デビュー!全休歴は少ないのですが、「全休」のメリットを書きます。

授業に余裕を持って臨める

先述した授業の復習に関することです。1日休みがあるだけで、課題をかなりこなせます!授業でやった内容もすぐ復習できますし!

気持ち的にも楽になります。単純に週休3日ということですから。超ホワイト。

自分のやりたいことに時間を費やせる

個人的なことですが、この先試験を受けるので時間を見つけてはその都度、試験勉強をしています。

なので、全休は本当に助かります。ただでさえ、大学の課題も多いので、自分がやりたい勉強なり読書なりに時間を費やせるのが大きいです。

1.2年次にそこまで全休を作らなくていいと思う理由に、自分がやりたいことが見つかってない可能性が高いことがあります。

もちろん、中にはちゃんと目的意識を持って大学に入学し、計画もしっかり立ててる方もいるでしょうが、僕は違いました。笑

ざっくりとしたことは考えていましたが、

ふぁらと
1年生の時にはこれをやるんだ!!

という具体的な予定はもっていませんでした。なので、できる限り単位を取ることに重点を置きました。

やりたいことができたときに、単位が足りないという悩みを抱えたくなかったんですね〜

 

正直、大学1年生の最初に全休を作ったとしても僕の場合ゲームして寝て終わったと思います。マジで生産性がない怠惰な休みの日を送ったでしょう。笑

今みたいにやりたいことがはっきりしていたらそんなことにはならないですけどね。もしみなさんも、特にやりたいことがないのなら、大学の授業をしっかり受けておくをオススメします!専門の勉強は学年を増すにつれ難しくなるので、1年生でつまずくとキケンです!

復習し理解し単位も取っておく。後々絶対に楽になります。1年次の成績が1番悪い僕が言います。笑

スポンサーリンク

まとめ:全休を有効活用しよう!

いかがでしょうか。色々書いてきたので一旦整理します!

全休を作るべきかどうか

・1.2年生の時にはできるだけ単位を取得しておくべし。特に理由がないのなら全休を作る必要なし!

・単位に余裕があれば、後々楽になります。今できることを精一杯しよう!

・やりたいことがあるのなら「全休」を作り、その時間を使うのは超あり!自分がやりたいことを求め続けよう!

・ただ、通学時間が長かったり、体力的に辛いのなら全休を作るのは全然OK!集中力を持続できる時間割にしよう!

繰り返しますが、全休は全然悪いことではありません。むしろ、全休の日の方が勉強することもあり得えます!

社会人ではないので、詳しくはわかりませんが、大学生って本当に時間があると思います。間違いなく1番自由に時間を使える期間でしょう。

大学3年生になりましたが、体感速度はめちゃ早いです。

ふぁらと
もう3年生か〜

と感じると共に就職活動をする期間を着実に近づいてきています。笑

ユウ
まだ大学1年生だからいいや〜

と考えるより

レイ
将来自分は何しようかな〜

と漠然としたものでもいいので考えることをオススメします!

ふぁらと
仕事を考えよう!そして楽観的に行こう!

大学生活を謳歌しないとね!

4年間を充実したものにしていきましょう。それでは!

大学2年でインターンをする3つのメリット!春・夏休みがおすすめ!

2018.02.16

「大学生は何をすればいいのか」について考えてみよう!

2018.01.24







コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください