「本気でやること」がある素晴らしさよ。




どうもふぁらとです。

みなさんは猛烈に打ち込んでいることをお持ちですか?

持っているor持っていないの二択とはいえ、『本気で打ち込めること』を持ってる人は案外少ないのではないでしょうか。

 

僕自身、本気で打ち込んだ経験と言われると、片手で数えきれてしまうほど。

高校時代の部活動はその代表格です。

ただ、部活を引退してから受験勉強して大学1年生になった時に

ふぁらと
何に打ち込んだらいいのだろう?

との悩みに襲われました。体育会には入らなかったんですね〜

 

忙しくするもしないも、自由気ままな大学生活。授業もそれなりに忙しかったのですが、時間もたっぷりあった。

このたっぷりある時間を大学1年生前半の僕は、ただ楽しむために費やしました。

サークル行って、バイトして、朝までオールしたりと。。。

ふぁらと
大学生って自由や!最高!

とか思ってた時期ありましたからね。今ならぶん殴りたいレベル

 

ただ、大学初めての夏休みを超えたあたりで

ふぁらと
わいは大学生活を怠惰なまま過ごすのか?

との思いが浮かび始めました。

流石にカッコ悪すぎるとなったんですね〜。案外プライドは高いのかもしれません。笑

 

そこから必死にやれることを始めました。読書して、ブログを始めて、資格勉強も始めてと。

本気でやることをいくつか見つけたということです。

本気でやることのある生活をしばらく続けて思ったのは

ふぁらと
なんて素晴らしい毎日になったことか!

ということ。いかにもモブキャラが発しそうなセリフ感なのは否めませんが。。

なぜ『本気でやること』を見つけるといいのか、書いていきます!

毎日やることがある

『本気でやることがある』=『毎日やることがある』

この関係が成り立つのです!当たり前ですけどね。

毎日やることがあるため、決して暇になんてなりません。1日24時間という限られた時間の中で自分が何をすべきかを嫌という程考えますから。

 

ただ怠惰に遊んでいた半年間も楽しいものではありました。しかしながら、満足できたかといえばそうではない。

後先考えず遊んでいると、自分が何をしたいのかすら詳しく考えないことにもつながるのです。

 

いざ、何かをやろうとしても期限がきれていたり、時間が足りなかったりと。。。

悲劇ですよねこれ。せっかく持っている資産を手放したということですから。

なので、早く考えるのに越したことはないです。僕も子どもの時は

ふぁらと
大きくなったらめっちゃ頭よくなるんだろうな!

と期待していましたが、全くなりません!断言します!

逆に昔覚えたことを忘れてきてバカになっている部分すらあります。

 

『寝てるだけで頭が良くなれば』のようなのび太的発想をしてもどうしようもない。

やるのは自分しかいないんです。ドラえもんがいたらいいんですけどね。

博識になるもならぬも自分次第。あなたがどうしたいかにかかっているんです。

 

もし、『今日の自分より成長したい』という思いがあるのであれば、何も考えずに遊んでいる状況は好ましくありません。何も考えてなかったら今日も明日も成長的な意味では変化しないものです。

長い目で今を過ごすのも大切なのではないでしょうか?

一夜にして成功するなんてまずあり得ません。宝くじが当たる確率が極めて低いことからも想像しやすいと思います。

人生って自分の育成ゲームだなと。自分が満足するまで自分を世話する的な発想。

たまごっちで世話もせず、自分だけ遊んでいたらどうなるでしょうか?

答えは明白ですよね!悲惨なことになります!

 

遊ぶこと自体は僕も大好きです。遊ぶべきだとも思っています。遊ばないと楽しくないじゃないですか!

大学生同士の遊びは何するのがおすすめ?

2017.10.30

ただし!遊び続けて消費し続けるのは良くないと思っているのも事実。

前述しましたが、これから先の自分がどんな人間になるのかを長い目で見るのもめちゃ大切。

息抜きに遊ぶのがベストかなと!!

スポンサーリンク

本気でやらなきゃ届かないことがある

人間、生まれながらにして能力が違うものです。

得意分野という表現がある通り、自分が他人より得意なことがあるものです。逆もまた然り。

なので、自分なりの強みを伸ばしてあげるのが一番大切にしたいことでもあります。

好きでもないことを一生懸命やっても辛いだけでしょう。どこか楽しさというものを感じていないと続けられません。趣味も楽しいと思えるからこそ続けられていますよね。

 

話がそれましたが、自分の強みを伸ばすにはそれこそ時間と練習が必要。

練習しなきゃダメなんです。『本気』で練習あるのみ。

生きる時間なんて決まっていますよね。1000年も生きれるわけじゃない。

その短い時間を本気で過ごさなきゃもったいないと思ってきた最近。

失敗を避け続けてそれなりの道に行ったとして自分が本当に満足するのかと考えると頷けない自分がいます。

 

ただ、失敗がとても怖くなったりもする。自分ができる限りのことをしたのにも関わらず、成し遂げられなかったら本当に嫌だから、そもそもやらないとの選択肢を選びたくもなる。この気持ちもよくわかります。

ただ、本気でやらないことには土俵に立てませんよね。ダメだったらダメだったでその時考えるという潔さもどこかでは必要。勝負所はあるものです。

 

自分より圧倒的に知識量が多い人っていますよね。テレビのクイズ番組に出ている人の中に良い意味で『同じ人間か?』と思ってしまう人がいる。

いくら人間平等といっても、小学生のときから足の速い人や物覚えがいい人もいます。家庭環境も大きく影響するでしょう。

この類の自分より優れている人を見たときに自分がどうするかというのが重要。

 

追いつきたいと思ったのであれば、それこそ本気でやらなきゃいけませんよね。本気でやっても届かないかもしれません。

ただ、本気でやらなきゃ可能性は0です。僕たちは、限りなく小さいけれど0ではないものを追っているのかもしれません。

 

何も、『自分より優れている人に追いつけ!』と言ってるのではありませんよ!

同じ分野じゃなくてもいいんです。自分が得意な分野に力を注ぎ込んでその道のプロになるのも最高です。

ただ、得意分野だとしても本気でやっただけ、自分を高められますよね。

本気でやることの素晴らしきことよ。思いもしなかったところまで登れるかもしれないと考えただけでワクワクしてきます。

 

簡単に手に入れられるものなんて、誰でも簡単に手に入るんです。自分が苦労して手に入れたことは自分だけの財産。

運良く投資とかで大金持ちになれるかもしれません。でも、これって自分のどの力を使ったのでしょうかね。

一朝一夕に力は付かないと断言できます。

それこそ日々の積み重ねでしょう。

Aくん
なんであの人はあんなに優秀なのだろう?

との質問の答えは『それだけやっているから』です。それ以上でもそれ以下でもないさ!

自分の理想に届く可能性があるのは、自分ができる限りのことをしたときですよね。

まだ、余地があるなと感じているのならもっと強度を増やして見る。無理しているなと思ったら適度に休む。

このように考えていくと、日々を貴重なものだと感じられます!大学生の僕とはいえ、数えてみるとそこまで時間がないこともわかりました。

大学生の暇な時間はどのくらい?本気で考えてみた。

2018.01.17

ただでさえ短い人生。自分がやりたいことを全力で楽しんでみては?

まとめ:本気でやれることは宝

今まで「本気でやること」の素晴らしさを書いてきました。

もう一つ言いたいのは、本気でやれることは宝だということ。

嫌いなことを本気でなんてできません。本気でやれることはあなたが面白いと思うことです。

本気でやることの素晴らしさに加え、そもそも本気でやることが見つかっていること自体が宝です。あとはやればいいだけですから。

 

僕は本気でやれることがなかなか見つからずに苦労したので。。。

やりたいことが見つからない!という方はこちらもご覧ください。

やりたいことが見つからないときに必要な3つのこと。

2017.07.16

 

最後に、本気でやることのデメリットを書いていこうと思います。

それは失敗したときの自分が置かれる状況です。

夢を追い続け、もし叶えられなかったら。。。こう考えてしまうのは普通だと思います。

本気でやってることがあるというのを裏返していえば、本気でやってないこともたくさんあるということです。

まあ、身一つなので本気でやれることは無限ではないですよね。

 

正直、僕だって潰しがきかなくなったら怖いです。自分の理想とかけ離れるかもしれない。

でも、描いた夢を叶えることってすごい難しいじゃないですか。わかりきってることなんです。

 

夢見ないことには始まらない。今の自分がやれることを全部やった上で、ダメだったらその時はその時。

こう思えるようになって、随分気が楽になったんです。本気でやることを選んだからこそ、怖くなくなったということです。

 

そう考えると、自分が一番怖いと思っていたことが、自分の意思も持たずに、なんとなく生きていくことだったんです。

 

今の日本で『生きる』ということは十分可能です。

社会保障もしっかりしているし、飢饉の心配もないし、疫病がはやっているわけでもない。

明日を生き残るって簡単ですよね。失敗したとしても、死にゃしないという思いももてると思います。

 

あとは、自分が今おかれている環境との兼ね合いですね。責任があまりない僕だから自由なのかもしれません。

どっかに入社して、その会社のメンバーになっている方はそれこそ責任もあるでしょう。

自分が好きなことをしろ!!とか自由な人が言っても説得力がないかなと。

その責任感を全うするために辛いことに耐えたり、努力したりするのは責任感がありとても素敵なことだと思います。

 

いろいろな絡みがあって私たちは今ここに立っています。それも含めた上で、自分とよく相談してみてはどうでしょうか?

それでは!








コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください