バイトをやりすぎな大学生の方に伝えたいこと。

どうも現役大学生のふぁらとです。

あなたはバイトをしすぎていませんか?

この記事で僕が一番伝えたいのは

学生生活をアルバイトだけには捧げないように』ってこと。

 

注意してもらいたいのは、アルバイトが「悪」とのわけではないこと。

僕自身、アルバイトすることには断然賛成派。バイトから得られるものもたくさんあります。僕もバイトは週3でやっています。

バイトから得られるものとして

・お金

・社会経験

・自分のキャリアを考える上での判断材料

などがありますよね!

バイトをしてお金をもらえるのは言わずもがな。時給って名前の通り、働いた時間だけお金を稼げます。

 

社会経験もそうでしょう。今まで守られてきたばっかの私たちは、バイトを通して初めて社会経験をすることも多いと思います。

 

また、自分のキャリアを考える上でバイトが役に立つ時もあります!

自分と相性の良いバイトをと出会えれば、『そちらの方面に就職したい!』と思う可能性もあるでしょう。

逆に、反面教師的に『こんな仕事には就きたくない!』と思うこともあるでしょう。

 

このように、バイトから得られることももちろんあるのです。なのでバイトをやることには賛成。

しかし!学業が疎かになってしまうレベルでバイトをやりすぎることに対しては断固反対派です。

なぜバイトをやりすぎることに反対なのか?

バイトをやりすぎることのデメリット

バイトをやりすぎると『自分の時間』を犠牲にしてしまう可能性が高いです。

個人的に時間が犠牲になるのが、1番のデメリットに感じています。

時は金なりです。時間もお金と同じくらい大事だと思っています。

時間がないと自己研鑽出来ませんから。勉強するのにも多くの時間が必要なんです。

 

また、学生の本分は勉学です。独学ではできないことこそ、大学で勉強する意味があると思います!

実験器具や装置を自前で準備するのも不可能ですし、仲間とともに勉強できるというのもポイントですよね。

実際はあまり勉強しなくとも大学を卒業できるかもしれませんよ。でもそういうことじゃなく、勉強は絶対に必要!

5分で分かる勉強する意味!

2017.06.15

今持っている全ての時間を1時間あたり1000円で売るのではなく、いくらか時間を確保し自分への投資という形で使う必要もあるなと思っています。

 

『時間をかけただけ、お金を得られる』という大変分かりやすい法則が思考停止状態に導くことも。バイトって慣れたら作業ゲーと化すことも多いですし。

なので、先々得になるようお金と時間をある程度使うのも大切かなあと。読書とかコスパ最強です!1万円あればどれだけ楽しめることか。。。

大学生にもなって読書してないの?読書を絶対にしたほうがいい5つの理由

2017.09.06

バイトをたくさんやらざるを得ないときは?

ただ、アルバイトで稼いだお金だけで生活をしようとするとバイトを週6,7で入れる必要が出てくると思います。。。

毎月の出費で削れるところは削った上で生活費が足りないのならば、バイトを多くやらざるを得ません。

こういう方も一定数いらっしゃると思います。本当にキツイと思いますし、やり切っていてすごいです。できるだけ健康に気をつけてやってもらいたい。。

ただ、このタイプの方には本記事の内容は全く参考にならないと思います。ごめんなさい。

本記事では、ある程度余裕があるのにアルバイトのみをやっている方を一つの対象としています。

(僕自身、生活費はまだ両親に負担してもらっている身です。生活費をアルバイトで稼げと言われたら、留年することがほぼ確定する状況なので本当に助かっています。学費も負担してくれている家族には感謝しかない。)

では、次からバイトとの付き合いついて書きます。

バイトとうまく付き合うには?

さて、どうすればバイト君と良いお付き合いができるのでしょうか?

1つ目の方法は、あなたとバイトの間に主従関係を作ること。

バイトに振り回されてはいけません。自分の時間をしっかり確保できるよう、バイトを考えて行く必要があります。

一番良いバイトの頻度は週2~3だと思います。

バイトは週3がベスト!大学生がそう思う3つの理由。

2017.07.04

バイトが週2の時って、バイトに振りまわされてる感ゼロでしたね。苦でもなんでもなかった。

現在、僕は週3でバイトをしています。頼まれたから1日増やした感じですね。

とは言え、もう1日増やして週4にすると結構キツイと思います。週4入ると大学の課題が終わらなくなりそう。。

なので、週2、3あたりで調整することのがオススメ!

多少節約すれば生活できます。旅行などのビッグイベントのために貯めておく必要はあるけどね笑

 

2つ目の方法は、お金のためではないバイトをやること。

目的がお金のみだと、そのバイト自体ただ苦痛なだけです。僕も時給につられ工場のライン作業やったことありますが、だいぶ精神的にきました。

なので、お金以外にバイトのやりがいを見出して欲しい。

バイト仲間と仲良くなるのもよし。自分が経験してみたかったバイトをやるのもよし。

僕は一度コンビニバイトがしてみたかったので、バイトデビューはコンビニでした。

でも、長くは続けずに半年ほどで円満に辞めさせて頂きました。作業ゲーが苦手かもと思った瞬間でもあります。

コンビニアルバイトが普通にキツかった3つの理由!

2017.06.07

今は、前からやってみたかった家庭教師のバイトをやってます。

家庭教師のバイトの良いところは、やっぱり自分の個性を生かせるところ。

生徒の成績が伸びたりすると、こっちまで大きな達成感を得られます。やりがいという観点からは、僕が経験したバイトの中で圧倒的1位ですね。

バイトの性質上、作業ゲーには確実になりませんし。僕には向いていました。

家庭教師バイトって楽なの?現役家庭教師の本音!

2017.05.28

なんにしろ、自分が楽しいと思えるバイトをやれるのが一番ですね。

まとめ!

バイトをやりすぎることのデメリットと、バイトとのうまい付き合い方を書いてきました。

たかがバイト、されどバイト。バイトが大きな経験になることは間違いありません。

 

ですが、大学生がバイトをしまくって得られるものは目先のお金がメインになります。余裕があるのであれば

今の自分は何を一番重点的にやるべきか?

と、この質問を毎日問い続けて欲しいです。僕自身、毎日自問自答しています。

 

お金がなくたって、いくらでも自分を成長させる方法はあります。

ただスマホゲームするくらいなら、1000円稼いだ方が有意義だと思いますが、1時間を自分のために投資できれば、大きな力が生まれるのではないでしょうか?

それでは!