大学生が夏休みにやるべきこと7選。去年の夏を無駄にした僕だから伝えたい

どうもふぁらとです。人生で一番長い休みじゃないか?と思ってしまう大学生の夏休み。みなさん、どうお過ごしでしょうか?夏休み暇だなーとか思っているんじゃないですか?

僕も去年の夏は暇だなーと感じ、サークルの合宿行ったり、モンハンしたり遊びまくってました。でもね、本当にもったいないことしたと思ってる。遊んだことをもったいないと感じたのではなく、何も目的を持たず無為に過ごしてしまったから。

今、去年の僕のように夏休み暇だなーと思ってるそこのあなた!もったいないですよ、マジで。

長期休暇+大学生だからこそ、できることがたくさんあります。今、夏やることない〜と嘆いているあなたに僕が夏休みにすべきと思ったこと7つを紹介します。今からでも十分間に合いますよ!

免許取得

去年の僕が唯一誇れることといったら免許取得したことです。大学生は是非、長期休暇の間に免許取得しちゃいましょう!通いか合宿どっちがいいかと言われたら、ぼくは合宿をオススメします。圧倒的合宿です。その記事もありますので参考にどうぞ。

免許取得なら合宿がオススメな3つの理由

学校通っている時に免許取るのはなかなか大変。車乗る機会は少ないかもしれませんが、身分証明書としても免許は最強なので、取得しておくことをオススメします。レンタカー借りて免許取った人たちでドライブ行くのもめちゃくちゃ盛り上がります。

勉強

ここであえて勉強の大切さを言いたい。去年何も勉強しなかったアホが言います。頭を使って何かの知識を手に入れるのは時間がある夏休みにこそやるべき。

勉強する内容はなんでもいいと思う。学部の勉強するのも一つ。TOEICの勉強するのも一つ。資格勉強するのも一つ。

また新しい分野の勉強を思い切って始めるのも大アリ。プログラミングとか投資の勉強とかもね。勉強って終わりがないのが辛いところですが、ちょっとやっただけで常識的な範囲はわかるようになります。

今までの復習したり新しい勉強始めたりしたら、夏休みが暇なんてことは起きませんよ。サボりがちになってしまうのがネックですが。

読書

読書もアリです。読書をするのにも時間がかかります。レポートに追われていた学期中はまとまった時間取れないこともあるかと思いますが、夏休みは大チャンス。

去年の僕は読書全くしなくて、危機感を持ったのが冬休みでした。夏休みから読んでおけば、、。特に学部1年生の方も読書した方がいいですよ。気づいたら2年3年となってしまいます。大学1年だからいいや〜という考え方は危険。

冬に「大学生のうちに読むべき本」をググって、疑いながら何冊か買いましたが、僕の人生を変えたと言っても過言ではない本「七つの習慣」などに出会いことができました。本当にオススメしたい本を数冊載せておくよ。読んでも絶対損はしないっす。小説もオススメ!

七つの習慣

七つの習慣を読んでから「正しさ」を基準にした生き方ができるようになった。大学入学の頃はまだ子供の気持ちでしたが、この本読んでから主体性を考えられるようになったなあ。人生を変える力のある七つの習慣知りたくないですか?

学問のすすめ(現代語訳)

慶應大学の創設者、福澤諭吉が書いた。我が国日本と自分はどう関わっていくか、自分はどうすれば成長できるか、考えるきっかけをくれた本。「学問のすすめ」読み終わってサークル辞める決心がつきましたよ。将来に不安を持っている大学生だからこそ読んでほしい。

守り人シリーズ

上橋菜穂子さんが書いている守り人シリーズ。小説なにか読みたい!と思ってる方には一押しです。一冊がちょうどいい分量なのですぐ読めちゃいます。読めば読むほど小説の世界に取り込まれていき、手が止まらなくなる。かっぱえびせんですまるで。実写では、バルサ役が綾瀬はるかさんと聞いて想像とギャップが大きすぎて驚きましたが。

旅行

お金に余裕あるなら、旅行がオススメ。海外もいいですし国内もGood。

時間がある夏休みだからこそ、遠出ができる。個人的に旅行が思い出作りとしては最強だと思ってます。THE 遊び みたいな感じするしさ。

日帰り旅行も最高です。レンタカーでちょっと遠出したりしても十分楽しめます。

中・高時代の友達に会う

一人暮らししてる人は特にですが、学期中に中・高時代の知り合いに会うことなんてありませんよね。

しかし、夏休みは長い期間帰省できます。帰省中に中・高時代の知り合いに会うのは楽しいですよ〜。自分と違う環境のところにいることがほとんどなので、話が新鮮で最高に面白い。

ここが地元なんだなーと実感できる時でもあります。予定が合えばたくさんの人と食事したいものです。

まあ帰省できるってのも一つのメリットですね。一人暮らししてから実家行った時の楽さ半端ないですよ。おいしいご飯に加えて湯船につかれる。両親と兄弟姉妹と喋れるのも最高です。

新しいこと始める

何かやりたいことあるなら、時間があるこの夏に始めちゃいましょう。楽器始めるのもいいですし、料理極めていくのもいいですし、ロードバイク買ってサイクリングもいいですし。ブログ始めてもいいよ〜。

勉強のところでも言いましたが、新しいこと始めるのに夏休みは最適。新しいことって時間がかかるように感じますが、20時間やればある程度のレベルに達するようです。20時間を目安に何か新しいことに挑戦するのも面白いと思います。

新しいことにハマれば夏休みもグンと充実したものになります。今まで怖くて手が出せなかったことに、思い切ってハマろうとするのも全然悪くない。

インターンシップ

はい、これね。意識高い系が大好きな言葉かもしれません。インターンシップ。

企業や官公庁も学生が夏休みの時期に募集かけてきます。夏休み前に募集が締め切られるのがほとんどなので、注意が必要ですが。

僕自身インターンシップに参加したことがなく、「インターンいいよ!」と言われても「へー」と思うだけだった。なのでこの夏、県庁のインターンに実際に参加してきます。インターンのどこが良いのか、終わったら報告しにくるので待っててください。

インターンに行く前から言えることは、新しい環境に入ることで成長はできるだろうということ。もう不安よ不安。慣れないスーツ着ていくわけですからね〜。楽しみだけど不安です。でもやらないで後悔するよか、やったほうがマシ理論です。そんな理論あるの?とつっこまないで。でもやったほうがスッキリすると思わない?

追記

インターンオススメします!たくさんの社会人関われるので、社会人の責任の重さとか直に感じられます。

自分の未熟さを痛感した期間でもありました。学生って気楽なものなんだなと思うとともに、自分が力量不足だとこれ以上感じた時はないっす。自分のやりたい仕事のイメージも明確にできるようになりますよ〜

まとめ

 

大学生が夏にやったほうが良いこと書いていきました。僕は去年の夏これができなくて無駄に過ごしたからね。特に大事なのは新しいことに手を出すことかな。勉強にしろ、読書にしろ、趣味にしてもです。新しく始めたことにハマれば、あなたの人生豊かになること間違いなしです。だって好きなこと見つけられたんだからね。

はい、なので今から夏休み暇だなんて思わないようにしましょう。僕自身は学期中より夏休みのほうが忙しくなりそう。

夏休みの時間を全部バイトに費やすとかはしたくないですね〜。必要なぶんだけ稼いだら、あとはやりたいことしてたいです。正直、資金を集めることがメインなので、バイトをやるべきことには入れませんでした。ほどよくバイトをすることをオススメします。

少なくとも、スマホでひたすらネットサーフィンとか、家にこもってゲームとかはススメません。僕もドラクエ11はやる予定ですが、2ヶ月家にこもるとなると心がしんどいっすw

何か「夏に頑張った!」と言えるものができたら最高ですね。自分なりの夏休みを過ごしていこう!

それでは!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください