大学入学から就活までがあっという間だった。準備は早めに!

ふぁらと
大学入学から就活まで早すぎん??

学部3年生になった僕が思うことがこれです。

本当に早い。どのくらい早いと感じるかというと、小学校6年間の10分の1くらいに感じます。小学校がやたらと長く感じたのは僕くらいかもしれないですけど、、、

まあ、とにかく早いです!

なんて言ったって、学部3年生の6月からインターンが解禁されるし、それまでに業界をある程度考える必要もあります。大学3年生に上がる前の春休みから、就活の準備を始めるのが良いくらいでしょう。

なので、大学1,2年生のみなさんに伝えたいのは『学部1,2年でもしっかり最優先事項を考えるように』ということ。学部卒で就職を目指している僕が思っていることを書いていきたいと思います。

大学に入学してから2年後には就活

大学に入学した時は大学1年生。就活が大学3年生の夏頃から本格的に始まるので、大学入学から就活まで2年ちょいということになります。

これを早いとみるか遅いとみるかは個人差もあるでしょうが、僕的には驚くほど早かった。笑

さすがに大学受験の記憶などは薄れましたが、

ふぁらと
もう3年生になっちゃったか〜

と大学3年生になった時に思ったものです。自分なりには準備したつもりでしたが、それでも『あっという間』です。

大学生活の折り返し地点を過ぎ、時間が経過する早さに驚くとともに感動している今ですが、この思いを伝えるだけでは味気ないので(笑)、就活前にやってよかったと思うことを書いていきます!

1つの例として参考になれば幸いです。

就活前にやってよかったことは「興味を持ちまくること」

就活前にやってよかったというか、大学1,2年生でやってよかったと思うのは物事に興味を持ちまくること。当たり前ですが、知らないことは良いか悪いかも分からないんですよね、、、知らないことには始まりません。

なので、興味のあることは、本を読んだり実際に足を運んだりして『知る』のが良いと思います!時間に余裕があるからこそ出来ることもあるので!

このWeb上で記事を作成する(ブログを書く)というのも、興味本位で始めたものです。『面白そうだな〜』と思ったので始めたところ、たくさんの知らなかったことを知れるキッカケにもなりました。

やりたいこと・興味のあることは人それぞれなので、『あれをやれ!』とかは言えません。たくさんのことに挑戦してもらえたらと思います!アルバイトもサークルも挑戦する一つのことでしょう!

 

あとは勉強ですね〜。ついつい先伸ばしにすることもありましたが、やれるだけやった方がいいと思うことの一つです。

『テスト勉強』とか『国家資格のための勉強』とか『TOEICの勉強』とかの勉強ももちろん大切ですが、読書や何かのイベントに参加することも立派な勉強でこれらも大切。極論、人生は学びの連続ですし笑。

机に座って鉛筆持ってやるのが勉強と思うのではなく、もっと広い意味で勉強を捉えるといいかなと!

たくさんのことを勉強するのが良いと思いますし、『これからもずっと勉強しなければいけないなあ』とも思います。

 

特に、様々な分野の学問に触れるのがおすすめ!

大学では自分の専門の勉強をやることがほとんどでしょう。これももちろん大事なことですが、幅広く物事を見るためにも、プラスアルファとして全く自分の専攻とは関係のない勉強をすることも大切だと思うのです。

学問に触れる方法としてお手軽なのがやっぱり読書。本屋に行って、気になったタイトルの本を見つけて買うなどの方法も良いかなと。おすすめの本を紹介する記事もあるので、よければ見てってください。

大学生におすすめな本を徹底厳選!理系・文系問わず読んで欲しい!

2018.05.25

大学3年生になって

ユウ
やばい!何から始めればいいんだろ、、、焦る![

との状態にならないためにも、早めに準備しましょう。社会に出るという意識を持って大学生活を過ごすと良いと思います!

余談ですが、TOEICの勉強を早めにしておくのはおすすめ。就活でちょいちょい使います。高得点を取るためにある程度の時間が必要だと思うので、比較的暇な大学1年生の時に勉強しても全然OK。慌てないように準備しておきましょう!

まとめ:時間が有り余ることはない!

就活まであっという間だったと書いてきましたが、いくら早めに将来に向けて準備をしても、時間が有り余ることはないでしょう。

大学生は暇と言われたりしますが、そんなことはないでしょうし、大学院に進学しなければ4年間でお終いです。笑

この限られた時間の中で、自分が何をするのかを決めるのはあなたです。

なので、『最優先事項を優先すること』と一番最初に書きました。ホントに貴重な4年間だと思うので、楽しんでいきましょう!それでは!