大学選びのポイントは好きかどうか。失敗・後悔しないために!




どうも、現在大学生のふぁらとです。

大学選びって悩みますよね。

Aくん
進学先を選ばなきゃいけない時期だけど、将来のこと考えてなかった。。。

こういう人も多いと思います。

僕自身、高校時代はAくんのように、将来のことなんて漠然としか考えていませんでした。

今思い返すと部活を言い訳にして、考えないようにしていただけかもしれません。

 

『進学』を遠い未来とみなしていたのです。

そんなわけで、大学の説明会などには一回も参加することもなく、気づいたら受験期に突入していました。

 

受験期になってようやく大学選びを始めたわけです。我ながら呆れます。僕が大学を選ぶ基準にしたのは実は1つ。

それは国立理系であること。

別に国立理系に特別な思い入れがあったわけではありません

ただ、周りの友達も目指していましたし、数学と化学は好きだったのです。それが志望動機でした。単純でしょ?

高校の化学は特に好きだったので、化学系に進むことを決定。そこで白羽の矢が立ったのが理学部化学科

ふぁらと
化学を詳しく学ぶところでしょ?楽しそう!

こんくらいのノリで決めました。特に疑問も持たずにです。

 

とはいえ、落ちるのが怖かったので私立もたくさん受験。経済学部も受験したくらいです。

ここからも分かる通り、とにかく大学進学をすることを第一目標としていました。

結果的に、第一志望の大学に合格。現在、国立の理学部化学科に在籍している大学生です。

 

現在、満足な学生生活を送れています。授業や実験やレポートがキツくて涙が出そうになる時もありますが、楽しくやれています。

とはいえ、僕みたいに大学選びをすることは本当にオススメしません

ネームや難易度だけで決めるなってことです。

なぜなら、高校で学んだ内容が好きというのと、専門的に学び職業に繋げるのとでは大きく違いますから。

 

僕はたまたま理学部化学科が自分に合ったから良かったですが、合わなかったら控えめに言って詰みます

合わなかったら僕の人生で一番の失敗になっていたでしょう。

 

自分が興味ないことを勉強するほどキツイものはありません。

特に理系の場合、お世辞にも簡単とは言えない内容です。テキトーにやって卒業できるほど甘くもなし。

 

なので、大学選びのポイントは好きなことを考えること

『自分はどの道の専門家になりたいか』これを考えることが重要です。

大学は専門的な勉強をする場所

なぜ専門性を考えることが重要か?と言えば、そもそも大学が専門的な勉強をする場所だからです。

大学は高校とは明らかに違います。

自分のやりたい学問をとことん追求することができる場所、それが大学です。

 

大学で専門的な勉強をする以上、将来の職業に直結するという特徴があります。

お医者さんなどがいい例ですよね。医学部に行かなければ医者にはなれません。

僕が所属している理学部化学科は研究職を目指せる場所です。

工学部と違い、基礎研究をする場所が理学部。もちろん学ぶ内容はとても難しいです。理解するのがまず大変なレベル。

 

このように、進学した学部によって将来が大きく変わる可能性があるのです。

これが前述した大学を難易度だけで選ばない方がいいと言った理由。

『できる』と『仕事にしたい』は大きく違います。何となく大学進学は避けたいところです。

 

Aくん
大卒の肩書きが欲しいだけだから、楽して卒業したい。。。

こう考えているならば、理系に進むのはオススメしません。学位が欲しいだけなら理系はコスパが悪いです。

この場合は、興味のある文系学部に進学するのがベターだと思います。

 

仕事にするなら、好きで興味があることにしたいですよね。

せっかく大学進学したのに、嫌いなことを学び、嫌いな職種に就いたのではもったいない。

この場合は大学選びを失敗したと言えるでしょう。

スポンサーリンク

自分がどんな人間か理解しよう!

自分をよく理解してあげることも大事です。

Aくん
理学部に行って基礎研究なんかしたくない〜

こういう人はもちろん、理学部に行かないほうがいいです。人によって向き不向きはありますから

別に研究職に就きたいくない自分を恥じる必要も全くないです。好きなことなんて人それぞれ。

僕だからできることもあるでしょう。しかし、あなただからできることもたくさんあります。

 

好きなことは人によって違います。あなたが好きなことがあるなら、それだけで大きなポイントです。

みんながみんな好きではないのですから。

『好き』との気持ちは大きなパワーになります。

なので、自分が好きなことをできる学部に進むのが一番です。

 

将来なりたい具体的な職業なんて、決まってなくていいと思います。

僕自身、まだ決まっていませんからね。笑

 

とは言え、『どのように仕事をしたいか』『どんな人間になりたいか』をある程度、自分で把握するのは大事。

 

勉強するのが嫌いで、これからも好きになりそうでなければ、研究者には向いていませんよね。研究に勉強はつきものですから。

1人で黙々と作業するのが嫌いという人も、研究者には向いてないかもしれません。『個』が大事な職業なので。

 

IT関連に興味があるのなら、情報系に進んだりするのがいいでしょう。逆にパソコン嫌いなのに、プログラミングなんてできたもんじゃないですよね。あなたが好きだからできることなのです。

 

自分が学びたいことと一番近い学部を選ぶのが、間違いない大学選びの方法。

『自分が好き』という理由以上のものを知りません。

 

気楽に考えることも大切

専門性を身につけるのが大学なので、勉強も大変だと書いてきました。

好きでないともっとキツくなります。

 

では、大学選びをするときに、自分が身につけたい専門性が思いつかない場合はどうすればいいのでしょうか?

ふぁらと
気楽に考えてみよう!!

ええ。その場合は気楽に考えてみましょう!

 

なぜなら、必ずしも、大学で身につけた専門性を使った職業に就くわけではないからです。

正直、専門性を使う職業に就く人の方が少ないかもしれません

 

例えば、法律を勉強したからといって、法曹になるわけではありませんよね。

理系から銀行員になるかたもたくさんいます。

そのため、1つにやりたいことが絞れない時に勉強することを目的に大学進学するのも大アリです。

 

1つに絞れない時は、向いていると思った学部に進学し、自分なりに将来の道を絞っていけばいいと思います。

こういう僕も、実は進学時に迷いました。経済学部と理学部、どちらかを選ぶ必要があったのです。

どちらかを選択することで、大きく将来が変わることは想像にかたくありませんでした。

 

ただ、『経済学部に進学したら研究者にはなれないだろうな』との思いと、『理学部の方が周りの人たちがめっちゃ勉強するんじゃね?』という思いから理学部に進学することを決意。

 

しかし、『それは正しい選択だった?』と言われると、自信をもって正しいとは言えない自分がいます。

とは言え、比較のしようがありません。全く異なる2つの分野ですから。なので、今は比較すること自体ナンセンスと考えています。

 

自分が好きならそれが一番。自分が頑張ろうと思えば、道はいくらでもあります!

 

スポンサーリンク

まとめ!自分が好きなことを選ぼう!

大学選びのポイントは専門性を考えることと書いてきました。

その専門性を選ぶときに重要なのが、自分が好きかどうか

本当に自分が好きかどうかが大事です。周りの意見は参考程度でよし。

 

いくら良い道と言われても、あなたが興味ないことをし続けるのは苦痛でしかありません。

学部によって職業が異なると書いていますが、自分が好きでもないことをやるのは嫌ですよね?

 

高校で数学の点数が高くても数学が好きでないならば、数学系に進まない方がいいってことです。

繰り返しますが、『できる』と『好き』は違うんです。

 

好きでさえいれば、大学生活での授業は苦痛でなくなります。

自分が好きな専門性を1つに絞れないのであれば、一番自分が向いていると思う学部に進学するのがおすすめ!

自分のことは自分が一番わかっているでしょうから。

 

自分が向いていると思う分野を探すのには、情報収拾が不可欠です。

フィーリングで決めると痛い目に合う可能性が高い。

 

なので、やっぱり大学の説明会などに参加するのが1つのコツです。

きちんと情報を集めたからこそ見えてくるものもあります。

 

学部に入ってから

Aくん
おれのやりたいのはこの学部じゃなかった!!

こうなってしまうと、4年間を最大限楽しむことは難しくなるでしょう。

 

自分の好きになれそうなものを探していきましょう!それでは!