家庭教師バイトって楽なの?現役家庭教師の本音!




どうもふぁらとです。

みなさんは今、家庭教師ってどんな職業だろう?と興味を持っていることだと思います。

楽かきついかなど、いろいろな悩みがあるだろうけど、少しでも仕事に具体的なイメージを持ってもらえるよう、僕自身の経験を通して説明していきます。

まずバイトを始めようか悩んでいる方にはこの記事も参考にしてもらいたいです。

アルバイトをやらないってアリ?ナシ?

2017.05.25

 

家庭教師ってどんな仕事?

名前から想像しやすいように家庭教師の仕事とは、自分が指導する生徒の家に行き、決められた時間、生徒の家庭で勉強を教えることです。

塾講師と比較すると、勉強を教えることは共通してます。

しかし基本、家庭教師はマンツーマンであり、良く言えば指導日の変更など自由のきく幅が大きい、悪く言えば、生徒の指導計画を立てたりする人物は自分しかいないため、責任は大きくなるというのが塾講師との違いとしてあります。

どうすれば生徒の成績を上げられるか、自分なりに分析し、生徒一人一人にあうプランを立てる必要があります。時給は2000円程度が一般的で、他のバイトより高時給。しかし、その分責任は重い方だとも言えます。

また、生徒の家に行くため、生徒の保護者の方との関係づくりも重要です。指導が終わるごとに、保護者の方へ指導報告をするのが一般的なので、指導ごとに、どこが改善されたかなど言えるのがベスト。

家庭教師をする以上、生徒にとって自分は大きな存在になり、生徒の将来にもダイレクトに直結する部分もあります。

単に指導時間中、明快に勉強を教えられるスキルの他にも、生徒とコミュニケーションを取るのは必須であると感じます。

集団塾についていけなくなり家庭教師に変更するケースもあり、生徒のやる気を引き出すことも家庭教師の仕事の一つでしょう。

 

家庭教師を始める際、会社に登録してその会社から生徒を紹介されるという流れが一般的です。月末に指導報告書を送る必要がある会社もあるため、指導時間以外にもある程度の仕事をする場合もあります。

 

スポンサーリンク

家庭教師ってけっきょく楽なの?きついの?

読んでもらって分かってもらえたと思いますが、責任が他のバイトよりは大きくなるため、そこはきついと言えるでしょう。

また、原則1年間は生徒を担当する必要があると思っているので、ほいほい辞められるバイトではないです。

しかし雑な言い方で悪いのですが体力的には楽です。

他のバイトと異なり、バイト時間も短い(おおむね1~2時間)ため、ここも楽なポイントではあります。明るい家庭であるかというのも大切なポイントだけど、こればかりは自分ではどうしようもないです笑。

家庭教師の良い面と悪い面

・良い面

1. 椅子に座っているので体力的に楽。

2. 働く時間が短い。

3. 指導日の融通がきく。

・悪い面

1. マンツーマンのため責任が大きい。

2. 指導に関して悩むことはたくさん。(学習計画など)

3. 長期間休むことはできないため、留学などを希望している場合は要注意。

4. 労働時間内以外にも仕事がある。(指導に向けての準備、報告書の作成)

かな。あとは家庭環境が大きいってところ。

でも、きついか楽はおいといて、勉強を教えてみたいなど教育系の仕事に興味があるなら、おすすめしたいバイトです。

自分が指導したことで生徒のテストの点数や成績が上がることは大きな達成感が得られます。

単元がかわったり、テストがあるごとにやる内容も変化に富んでいます。

『生徒を指導するのは自分だけ』と書いてきましたが、裏を返せば、自分で工夫し放題ということ。

なので、与えられたものをこなすのではなく、自分自身で物事を考えるいいきっかけにもなるでしょう。

 

また、僕はやったことないのですが、二人指導という案件もあります。

単純に比べて教えることは2倍になるので一人の時とは違う難しさがあると想像してます。僕の場合、最初1人でも大変だったため、最初から2人指導に挑戦するのはあまりオススメしません。

家庭教師は稼げる?

次は、家庭教師は稼げる?という質問の答え。

一般的に時給は高いほうだけど、時間数自体が少ないためがっつり稼ぐには向いていないです。

しかし、僕自身そうでしたが、家庭教師を掛け持ちすることもできて、他のバイトと同様、たくさん働けばたくさん稼げます。同じ職場でないので兼ね合いは難しくなりますが。

また、生徒の家まで交通費が支給されることは多いですが、交通時間というのはどうしてもかかります。

そのため、他のバイト同様、家から近いのに越したことはないと考えてます。

 

スポンサーリンク

家庭教師を始めるには

大きく分けて、個人的に契約するか、家庭教師の会社に登録して生徒紹介してもらうか、のどちらかです。

個人で探すのは知り合いに頼まれたなどの場合が多く、一から探すのは難しい。

そのため、僕自身がそうだったように家庭教師の会社に登録し紹介してもらうのが一般的です。登録方法はウェブサイトで登録すればオーケー。

一括登録とか聞いたことあると思いますが、登録すればするだけ案件は増えます。メールや電話を通して紹介されるが、急いでいないのならば自分にあった案件がくるまで待つのもアリです。

 

 まとめ

自分自身の経験を通して、家庭教師という仕事をできるだけイメージをしてもらえるよう意識しました。とてもやりがいがある仕事だと僕は思っています。

大変なことはもちろんあります。でも、それは何をしても同じ。

お金を稼ぎたいというのではなく、この仕事をやってみたいと思ってバイトを始めてくれればとおもいます!

それでは!応援してます!

※追記

家庭教師バイトの大変なところを、ざっくり記事です。

家庭教師バイトは難しい。大変できついところもある。

2017.10.16

是非、参考にしてください!